ひさしぶりに木蘭で夜

夜、ひさしぶりに近所の木蘭。中国料理の気軽なお店。
ちょっと間があきまして、お店の人にも「おひさしぶりです」って言われたりする。それがうれしい今日の夜。
キープしてあった紹興酒をかたわらに、あれやこれやと料理をたのむ。
まずは中華風の春雨サラダ。ザクザクとした春雨に錦糸卵や千切りキュウリ。みんな細さが揃っててスキッと酸っぱく口がにぎわう。
酢漬けの白菜はいつもと違って青い葉ばかりでそれもまたよし。シャキシャキたのしむ。
実は今日。昼に食べた担々麺がずっとお腹に居座り重かった。燃えたお腹が冷たい料理の酸味でスッキリ。食欲が湧く。それから春巻き。パリッと揚がって中はとろとろ。何もつけてもそのままおいしく、パリパリの生地とあんのとろみが混じり合い、とろけて消える。オゴチソウ。

ココにきていつも食べるのがイカ団子。
イカのすり身をまるくまとめて揚げたもの。
食感がとてもたのしい。
噛むとしたたか前歯に抵抗。ブチンと歯切れてプルンと口の中ではじける。山椒塩とケチャップが添えられていて、交互につけて2つの味でたのしみ食べる。

それから酢豚。昔なつかし系のケチャップっぽい色の酢豚。こういうお店で食べる酢豚は黒酢のものより赤いほうがおいしく感じる。野菜もタップリ。パプリカ、玉ねぎ、きくらげがそれぞれ一番おいしい状態である。豚肉はざっくり、固めに揚げられていて歯ごたえがっしり。甘みが控えめ。塩の味がしっかりしていてご飯のおかずというよりも、お酒のお供にぴったりとくる。

海老そば注文。白菜をクタクタになるまで煮込んで甘みを引き出し、そこにエビをタップリ入れる。麺は細麺。ストレート。丼の中にタップリ入って熱々で、しばらくすると麺がしんなりしてくるのだけど、それがおいしい。軽いとろみのついたスープと麺が一体となり口から喉が満たされる。
塩味がおいしいスープ。胡椒をタップリ、お酢をくわえて甘みにかえる。ラーメンじゃなくて中国料理のスープ麺。体が芯から温まる。
何種類かある夜の定食の中からひとつ。味噌味で炒めた鶏肉とキャベツがメインの定食食べて、お腹を満たす。ココのご飯は洋皿に薄く盛り付けてやってくる。その盛り付け方が絶妙で、箸でススっと持ち上がるのがおしゃれでおいしい。さて、帰る。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。