ねこ膳の昼、スタバのスイカ

気づけば今年も半分過ぎて、今日から7月。
雨がパラパラ、若干蒸しはするけれど気持ち良い朝。寝坊する(笑)。
実はココ数日、会う人、会う人に「疲れてますか?」って聞かれてジックリ自分の顔を見てみると、たしかにちょっと疲れ顔。
それで今朝は大いに寝、空いたお腹に起こされた。朝ご飯はスキップ。昼ご飯をたっぷり食べようと新宿に出た。
「飲食笑商何屋ねこ膳」という定食屋。
新宿三丁目から歌舞伎町の方に向かうと花園神社があって、その参道の入り口近く。古い一軒家で壁がまるごと蔦につつまれ、不思議な存在感を発散してる。カウンターの中に厨房。小さなテーブルがいくつか並ぶ鰻の寝床。働いている人たちがずっと長く続いているのにいつも感心。新宿界隈に飯に汁、気軽な料理をおかずにモリモリ食べてお腹を満たせる店は少ない。重宝します。

しかもこの店。
24時間営業で場所柄、水商売の人たちでにぎわう時間帯もあったりする。
入り口脇に焼酎のキープボトルが並んでて、みるとお店の名前や名刺が貼ってあったりするのがたのしい。
今朝は昼からお酒をゴキゲンに飲むおじさんたちがニギヤカで、そんな彼らと入れ替わりにやってきたのはガテンな人たち。
いろんな人が集まるお店。
そしてみんなが笑顔でモリモリ、食べることをたのしむ店っていいなと思う。
オキニイリ。

ホッケを焼いてもらいます。基本的に揚げ物が中心のメニュー構成。気軽な定食の店は大抵揚げ物系。けれど一夜干しの魚も多彩にそろってて、ちょっと気持ちを変えたいときにはありがたい。
大きく分厚いホッケの塩焼き。2枚に開いて顕になった中骨を摘んでペロリとむしるとキレイな肉がでてくる。湯気もたつ。
鬼おろしに醤油を垂らして風味整え、生姜のガリを摘んで口の脂を拭う。脂の強い魚にはガリのお供がありがたい。

2人でいって定食ふたつ。ひとつは「ねこ膳ミックス唐揚げ」っていうココで一番人気の定食。
チキンカツに鶏の唐揚げ、ソーセージのフライにコロッケという組み合わせ。
ココの鶏の唐揚げは玉子を混ぜた衣をつけて揚げたモノ。
鶏肉に下味がしっかりついてて、衣がぽってり。冷めてもおいしいように出来てて弁当にもピッタリの味。
じゃがいもの中にひき肉がたっぷり入ったコロッケに、鶏の胸肉を揚げたフライ。
ソーセージのフライが案外おいしくて、油切れよくさっぱりしてる。
少な目ご飯にお味噌汁。赤味噌系でもやしや油揚げがたっぷりはいって、汁も立派におかずの役目を果たしてくれる。

カツカレーがもうひとつ。
薄い豚バラ肉に衣をつけて揚げたもの。とんかつというよりもまるで昨日イタリアンレストランで食べたカツレツみたいな仕上がり。カレーはぽってりタイプで挽き肉たっぷり。昔、喫茶店で食べたカレーってこんな感じ。なつかしい。
カツカレーにも味噌汁がついてくるのが、定食屋さん的。とんかつの上にソースをかけてパックリ。オゴチソウ。
ちなみにこの店。特大マヨネーズが常備されてて、定食をとどけるおばさんが必ず「マヨネーズ、使います?」って聞いてくる。お願いします…、っていうと「たっぷり使ってねぇ!」ってドンとテーブルに置いていくんだけど、本当にこれが大きくてちょっとのつもりがたっぷり出てくる。それも結局、みんなお腹に収まっていく。しょうがないなぁ…、って思うもおいしい。腹いっぱい。

 

関連ランキング:居酒屋 | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅

 

スターバックスの季節の飲み物、スイカを飲んだ。
「シェイクンウォーターメロン&パッションティー」…、パッションティーとスイカジュース、ライムを一緒にタンブラーに入れ勢い良くシャカシャカシェイクして仕上げたもの。
泡立つ表面。スイカの香り。ストローで混ぜると中からライムが一切れ。パッションティーの香りと渋み。ライムの酸味と香りが口に広がって、最後にスイカの甘みと香りが残る。涼しい味わい、オキニイリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。