にぎりてで上がった気持ちが麺通団ですっかり下がる

先日、ランチで訪ねていい店だなぁ…、と思った「にぎりて」。夜にも来ようと、それで今日。早めの時間を狙ってきたのにあらあらビックリ。ほぼ満席。一番奥の席をもらってホっとする。
ちなみにカウンターだけ。通路も狭くておデブちゃんが通り抜けるのはかなりの難儀。ごめんなさいね…、って誤りながら奥へ奥へと進んでいった(笑)。
ネタの種類はほどよい感じ。ただ何種類かはもう売り切れ。ランチタイムで使い切ってしまったのでしょう。今度くるときはランチタイムが終わりかけの時間帯かなぁ…、って思ったりする。あれこれたのむ。
カンパチ、生鯖、ヒラマサと生のホタテを殻から剥いて柱に紐とすべてをつかって三貫にする。それぞれ2貫づつからでそれぞれ一貫づつ醤油だったり塩だったりと味を違えてやってくる。2人でいって一貫づつ分ければいいやと思ってきたけどなんだかちょっとなやましい。

活きたつぶ貝もひとつは塩、ひとつは醤油。煮切りの醤油がちょっと甘めで、塩の方がつぶ貝そのものの味を味わえる。ちょっと渋くてゴリゴリ奥歯で壊れてとろける。
山わさびをたっぷりのっけたイカもひとつは醤油味、もう一貫は塩をパラリと。山わさびのツーンっと鼻から抜ける辛味がイカの甘味を引き立てる。
焼いた穴子に真鯛が続く。これは一貫はそのままに、もう一貫は熱々のぎんあんをかけて味わう趣向。熱が入ると真鯛の肉はその食感や味わいかえる。なかなかたのしい工夫と思う。〆に細巻き。トロの鉄火と山わさびをたっぷり一緒に巻いたかっぱ。トロはネットリ味わい濃厚。太い切り分けたキュウリを使ったかっぱはバキバキ、キュウリが歯切れて壊れる感じが痛快。山わさびのツーンっと涙を誘う辛さもおいしくて、満たされました。オキニイリ。

 

関連ランキング:寿司 | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

 

寿司屋の隣が麺通団。セルフサービスの讃岐うどんの専門店としては老舗で、東京にまるで讃岐が飛んできたかのような風情やムードも良かった。
かつてはかなりの人気を博したお店でござった。
ただ、こういうシステムの店も随分普通になった。
それでか一時期、安くするため品質を大きく落としたことがあり、ずっと足が遠のいていた。
それが先日…、半年くらい前でしたか。
ひさしぶりに来て食べてみたらかつての状態が戻ってて、ちょっとホッとした記憶があった。それで今日も寿司の〆にとやってきてみた。

ボクは熱々の肉うどん。毎週月曜は天ぷらが全品50円ということで、げそ天、かき揚げをもらってついでに茄子の甘辛煮もつけた。
友人はカレーライスと冷ぶっかけのうどんをもらって、いただきますとそれぞれズルっと勢いよく麺をたぐった瞬間、2人。無口になった。舌の感覚が麻痺したのかしらと思ってしまうほどに出汁が薄くてまずい。麺はコシをまるでなくして肉うどんなんて箸で持ち上げるとブチブチ切れる。
あまりの酷さにほとんど食べずに店を出た。唯一、食べられたのはカレーライス。市役所の食堂で出してるみたいな普通のカレーで、普通ってなんてステキなんだろうって思ったりした。明日は早起き、出張です。

 

関連ランキング:うどん | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。