どっしりの牡蠣天、黒米の穴子鮨

銀座でお蕎麦。…、となると泰明庵とかよし田とか、あるいはギンザシックスの中にある真田とか。
それぞれ特徴があってそれぞれおいしく、オキニイリ。
けれどたまには新しいお店も試しておかなきゃと思って「やぶ久」。
日本橋やぶ久銀座店というのが正式名称で、日本橋に本店がある。
実は昔行ったことがある。カレー南蛮がおいしいというので有名な店で、カレー南蛮に凝っていたときのコト。何かが気になるとそればかり探して食べていた時期があって、そのひとつがカレー南蛮。
確かに濃厚でスパイシー。うどんじゃなくて蕎麦が推しというのが気に入った店。銀座でもカレーそばが人気のようではあるけれど、今日の気持ちは冷たいそば。メニューをみると季節限定の「牡蠣天せいろ」が目をひいた。地下に降りてく階段が雅な感じで銀座でござる。

円形のざるにのせられた蕎麦。
キリッと角がたって凛々しく若干粘りを感じる仕上がり。
天付きせいろということもあってでしょう…、タレがたっぷり大きな器に入ってくるのがありがたい。
さて天ぷらです。
牡蠣の天ぷらが4貫にかぼちゃに茄子にししとう、にんじん。
薄手の衣でさっくり天ぷら専門店風に揚げられている。

塩でもどうぞと焼き塩がついてくるのも自信のあらわれ。しかもこの牡蠣の粒が揃ってどれもが大きなこと。タレの入った大ぶりの器と比べてもそれは大きく、一口で口に入らぬほどにずっしり。噛むとクチュっと歯切れて中からトロンと海の滋養に満ちたジュースが迸りだしてくる。
一口噛んだ残りの牡蠣をタレに浸すとそのタレが白濁してくるのもオゴチソウ。

穴子の押し寿司がランチタイムのおすすめのよう。しかも黒米を使って作ったものというのでとってみる。
小ぶりでちょうど一口大のが2個漆のお皿にのってくる。舌にのせるとずっしり重い。黒米は固めに炊かれてバサッとちらかる。ホツホツ、粒のひとつひとつが頑丈で赤酢の酸味がかなり強烈。それに比べて穴子はやわらか。甘いタレをつけ焼き上がっていて山椒の粒がカリッと砕ける。
ボソボソした黒米ととろける穴子のコントラスト。酸味と甘みとビリビリとした辛味と痺れ。なかなかたのしいお蕎麦のお供。そう言えばテーブルの上に黒七味と白七味。昔日本橋のお店に行ったときにたしか初めて出会ったんだ…、って思い出してなつかしむ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

 

ひさしぶりに青汁飲んどこう…。
遠藤青汁サービススタンドにやってくる。
レンガ造りの古い建物。秘密クラブのような造りで、ドアは重たく知らない人は入ってくるなって感じがたのしい。
この入りづらい建物にひっきりなしに人が入って、出ていく様子がまたたのしくてオモシロイ。
入っていくのはおじさんたちが中心で、イメージ的にはスーツ姿のおじさんが背中を丸めて入っていって、出ていくときには背筋がシャンと伸びてる…、そんな感覚(笑)。
青汁だけの専門店で大小サイズがあるきりで、グラスに並々注がれたケールのジュースをグイッと飲んでストンとグラスを置いて出ていく。かっこいいったらありゃしない。ボクも片手を腰に置きグイッと飲んでシャキッとします。冬の青汁は甘くておいしい。背筋を伸ばして帰りましょう。

 

関連ランキング:自然食 | 銀座一丁目駅京橋駅有楽町駅

コメント

  1. ヨウコ

    大ぶりの牡蠣の天ぷらに目が釘付けになりました。
    おナスに、ししとうもあって全部私の好きな物だらけです。
    穴子のお寿司まであって、贅沢な銀座ランチですね^_^

    青汁スタンドは初めての人は入店にかなり勇気がいりそうです(笑)

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      天ぷらの状態の良さに感心しました。
      青汁スタンドを発見して、初めて入るまで1年かかりました。40歳になった春のことと記憶しております(笑)。

  2. らら

    数年前までストレート果汁(?)の冷凍をずっと取り寄せていました。飲む瞬間ふわぁっとケールの香りが鼻に満ちますよね。
    夏は舌触りもザクザクして青臭さが勝ちますが、冬は本当に甘方美味しいですよね♡
    ケール、町のスーパーにも置いて欲しいなって思います。

    • サカキシンイチロウ

      ららさん
      ケールって昔に比べて随分食べやすくなりましたよね。家の近所のスーパーには年中サラダ用のケールがおいてあって、生食もおいしいけれど軽くソテすると本当に甘くておいしいんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。