とりかつチキン。ハムカツ付きがなつかしい

昼ごはんに渋谷の「とりかつチキン」。10年ぶりほどのひさしぶり。
タナカくんが好きだった店。
渋谷の町の中でも最も猥雑なエリアのお店。坂の途中の路地にあり、その坂道の突き出し看板のカオスな様子が好きだった。
路地を左に折れると袋小路っぽい路地があって、そこに面したビルの2階。…、ってことになってるんだけど坂道にあるビルだから入るところで一階だったり二階だったり。とにかく不思議な構造で、隠れ家みたいなロケーション。
お店の半分ほどを占める厨房。まわりを囲むカウンター。3人がけの小さなテーブルがひとつだけある小さなお店。甘い脂の匂いで満たされている。
おかみさんたちだけで運営されてるお店。揚げ場の前の席をもらって「とりとハム」って注文をする。
揚げ物だけのお店でカツの種類が10種類ほど。そこから2種類、あるいは3種類選んで好みに定食を仕立てられる。とんかつもある。でもお店の名前は「とりかつチキン」。チキンカツが名物で、それに輪をかけここのハムカツが好きだったからいつも来れば「とりとハム」。

注文してからパン粉をつける。
油が沸いたフライヤーにそっと落とすとシューッと湿った音がする。
しばらくするとそれがカラコロ乾いた音に変わって行って、フライを油から引き上げて網でしばらく休ませる。
油が落ちて落ち着いたところでザクザク、包丁入れてお皿に移してできあがり。
それに合わせてご飯と味噌汁。
かわらぬ様子にニッコリします。
衣は細かい。しかも薄付き。特にハムカツはところどころが剥がれてハムが透けて見えるほど薄付きで衣の色も明るく白い。
こぢんまりしたチキンカツ。薄いハムカツ、千切りキャベツ、塩漬けの大根が並んだお皿。チキンカツはほどよく厚く、その断面はツヤツヤしていてみずみずしい。いい揚げ加減。

カウンターの上には漬物、塩に七味に水溶き芥子。ソースをたっぷり、芥子もたっぷり。ザクザク食べる。
チキンカツはムチュンと歯切れてパン粉と一緒になってふっくら、とろけてく。ラード混じりの揚げ油。甘くてしかも香りふくよか、なによりパン粉がカラッとしてる。
ハムはサクサク。薄切りのハムが二枚分。一枚を3切れに切り分けそれがちょうど一口分で、ご飯のおかずにちょうどいい。
ご飯の上に漬物パラリ。大根の葉を塩もみし、鰹節と醤油であえた素朴な味わい。シャキシャキ歯ざわり、歯ごたえたのしく口の中をみずみずしくする。わかめの汁に七味をたっぷりふりかければ山盛りご飯ももりもりお腹に収まっていく。
なつかしい味。おゴチソウ。

 

関連ランキング:食堂 | 神泉駅渋谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。