とびきりの和朝食のち朝のコーヒー、帝国ホテル

有楽町からはじまる一日。とびきりの和朝食がボクを呼ぶ。
帝国ホテルの地下アーケードのなだ万にくる。
有楽町駅から一番近いホテル本館の入り口を入ると右手にパークサイドダイナー。向かい側の階段を降りると続く一直線の長い廊下の先にお店の看板。シャンデリアがキラキラ眩く、目を覚まさせる。
和装の女性のキリッとしながらどこかけだるく見える優雅に、ウットリしながら朝のお膳をのんびりと待つ。
ここではいつもお粥の定食をたのんで食べる。好きなお粥と苦手なお粥があってここのは絶妙。もったりでもなくしゃびしゃびでもなく、粘り具合と喉越しのバランスがよい。いい塩梅。

鮭の塩焼きも見事です。
皮目がバリッと自分の脂でまるで揚がったように仕上がっていて、皮が苦手なボクでも、おいしく食べられる。
カサッと前歯を引っ掻いて、サクッと壊れておいしい脂の風味と旨味を残して消える。
口の中に鮭の余韻を感じつつ、お粥を一口。すると再び鮭の塩焼きが舌の上にあるように感じるステキにウットリします。
鮭のお供は揚がったばかりのさつま揚げ。揚げたししとうとキャラブキというどれもがボクのオキニイリ。
それ以外にも日本の朝の食卓にあって欲しいものがもれなく揃うのもありがたい。大根おろしになめたけたっぷり。切り干し大根やひじきの煮付け。酸っぱい梅干しがお粥をおいしくしてくれる。

蓋付きの鉢の中には炊合せ。分厚いどんこしいたけに鶏の団子に舞茸、絹さや。どれも味がしっかり入って、中でも鼈甲餡をまとったしいたけのおいしいコト。出汁がおいしい味噌汁も味わい上等。温まる。
ここのお粥の変わったところが銀餡でなく梅餡がついてくるとこ。
酸っぱい。けれど出汁の旨味もしっかりしていて一口ごとにお腹がすいてくるような味。
スティック状の和紙の袋に入ったちりめん山椒は若干甘めでほろ苦い。ピリッと実山椒が奥歯で砕けて痺れる感じも、朝の目覚めにありがたい。お腹がやさしく満たされる。

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

 

おいしい朝を堪能し、予定の時間にまだ余裕がある。
一階のロビーフロアに上がってランデブーラウンジでひととき、コーヒーを飲む人となる。
必要とする皆のためにある「パブリックスペースとしてのロビー」がこれほど豊かで充実しているホテルは少なくなっちゃった。
高い天井。大きな空間。待ち人が探しやすいようにと壁のひとつもないワンホール。にも関わらず、周りの気配が気にならずプライバシーをほどよく感じることができるのがありがたい。
しかもここのコーヒーは「すべての人にやさしくありたい」と思うこのラウンジの気持ちをそのままコーヒーにしたかのようにやさしく、やわらか。苦味がほどよくクイクイ飲める。
しかもおかわりがおねだりできる。おねだりするとニッコリしながら銀のポットを手に持って、深いスリットの入ったドレスで優雅に歩いてやってくる。なんとシアワセ。お気に入り。

 

関連ランキング:ラウンジ | 日比谷駅内幸町駅有楽町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。