たこ焼きとジンジン来ちゃう生パスタ

ときに無性に食べたくなるのがたこ焼き。
たこ焼きが食べたいというわけでなくソース味のものが食べたく、本当はお好み焼きをちゃっちゃと食べられたら一番良かった。
大阪だったらここでイカ焼きだなぁ…、なんて思いながら、銀だこハイボール酒場にやってきてみる。
歌舞伎町の映画ビルの一階の店。夕方になるとインバウンドの人たちでいつもにぎわっていて、ちょっとしたパブのようなムードになっててびっくりしたりすることがある。
昼のお店は人影まばら。のんびりとしたムードでのんびり、たこ焼き食べる。

独特なたこ焼きです。
表面バリバリ。中はトロトロ。大阪のたこ焼きはフワトロだけど銀だこのこれはバリトロって食感。割って中をのぞいてみるとぽってりとろける生地の合間に刻んだ生姜やネギが混じって、ぶつ切りのタコ。青海苔、粉節、ネギがどっさり。ソースにマヨネーズとたこ焼きの入った舟の中はとてもにぎやか。
そういえば、郊外のショッピングモールで聞かれる「あれこれのせていいですか?」って質問をここでは聞かず。インバウンドが多いからかなぁ…、それともたまたまだったのか。口をちょっと火傷する。

 

関連ランキング:たこ焼き | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

新宿紀伊国屋の地下。長い通路の両側に飲食店がズラリと並ぶおいしいフロア。
個性的なお店が多くて、昔は博多うどんのお店があった。そこは焼きそば専門店に変わり使い勝手の良かった居酒屋が先日、油そばの店に変わった。時流に合わせた適度な新陳代謝はしょうがない。
とはいえずっと変わらぬお店も多い。カレー屋さんにこのスパゲティー屋さん。
JINJINという店。
曲がりくねったモダンな造りのカウンターにオープンキッチンという今の形になったのは20年近く前だったかなぁ…、メニューはほとんど変わらずフライパンで焼いて仕上げる和風スパゲティーが中心で、ただ最近はナポリタン推しに変わった。

流行りに敏感になったのは日清製粉の系列会社の運営になったから。麺も生パスタになりました。ゆでたてが売り。
それまでは茹で置きにした乾麺を炒めて仕上げていたので、おいしさアップというのが売りでもあるのだけれど、生麺独特のムチムチねとねとした食感がボクはあんまり好きじゃない。
アサリとしめじ、玉ねぎを麺と一緒に柚子風味の醤油ダレでいためて仕上げた商品が好き。シャキシャキ状態の玉ねぎの歯ざわりがよくて、これで麺が昔の乾麺だったらなぁ…、ってしみじみ思う。なやましい。

 

関連ランキング:パスタ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。