そば屋のラーメン、レモンでパスタ

新宿からてくてく歩いて家に帰る途中でちょっと腹ごしらえ。新宿御苑の更科に来る。
とても普通のそば屋さんです。
多分、家族でやってるんじゃないのかなぁ…、ちょっと腰の曲がったおばあちゃまが、ニコニコしながら洗い上がったせいろの笊や木枠を天日干しする姿がなんとも微笑ましくて、贔屓にしたいって思っちゃう。
メニューも普通のそば屋のそれで、けれどオモシロイことにラーメンが旨いというので有名。
お店に入ると昔のラーメン屋さんのような匂いが漂っている。
鶏ガラスープの匂いというのか、醤油のタレのコクに溢れる風味というのか、そば屋の匂いとは違った匂い。それがおいしくお腹をならす。
テーブルの上に七味や醤油もあるのだけれど、胡椒があるのが、あぁ、ラーメンを食べる人が多いんだなぁって思わせる。それにカレーも人気でカツカレーを目当てに来る人も結構いる。それでかウスターソースも置かれてる。

一番人気はCセット。
中華にミニカレーで1000円と書かれて、中華は当然中華そば。
迷わずそれです。
タナカくんとも何回か来て、来るたびこれで、でも次はカレー南蛮を食べようねとかカツ丼もおいしそうだねっていうのだけれど、来るといつもこの組み合わせ。
多分、永遠にかつ丼は口に入れないに違いないねって言って笑った。
その通り…。
醤油の色がしっかりとした中華そば。小さなお皿にカレーライスで、出汁がしっかりきいたいかにもそば屋のカレーって風味に味わい。
そこにウスターソースをかけて酸味と風味を整えるのがオキニイリ。カレー用のスプーンに紙ナプキンがきっちり巻かれているとこが、お店の人の律儀な性格を表してるようでニッコリ。オキニイリ。

ラーメンはまず麺がいい。細めでストレート。茹でてチャチャッとお湯を切りそのままスープに沈めているから麺の表面のでんぷん質がそのまま麺に残ってる。口に運ぶとトゥルンを唇を撫でる感じが肉感的で、小麦の香りも麗しい。
スープはなんともなつかしく、はじめてここで食べたときにもどこかで食べたことがあるなぁ…、って思ったほどに昔なつかしい中華そば。スープのうま味はドッシリしていて、醤油の香りと酸味がスープのうま味をひきしめる。
煮豚系のチャーシューはスープに浸すととろりととろけ、なにより分厚く刻んだネギがシャキシャキと奥歯で壊れる感じもゴチソウ。気持ちもお腹もあったまる。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

 

夜を軽くパスタですます。
夜中に作るスパゲティーといえばペペロンチーノが有名で、乾麺にオリーブオイル。塩とにんにく、赤唐辛子があればできる。
だから冷蔵庫の中に何もなくても作れるから…、って言われてる。
もっとシンプルに。
もっと簡単に少ない食材で作ってやろうとレモンパスタを作ることにする。
用意するのは乾麺、バターにレモンだけ。
あとは麺を茹でるためのお湯と塩。
麺は1.4ミリの細い乾麺を選んで作る。
最近、この細さの麺にちょっとハマってて、茹で加減を慎重に見極めないといけないけれど、ザクザク歯切れる感じと口の中で散らかる賑やかさがオキニイリ。

多めの塩を入れて沸かしたお湯にパスタを放り込み、クツクツさせてる間にボウルにレモンを絞る。
普通サイズのレモンを3分の1。そこにバターを大さじ一杯。
湯煎にかけてバターを溶かしたところで茹でたパスタを放り込み、湯煎のままでひたすら混ぜる。茹で汁で塩の具合と濃度を調節。ひたすら混ぜていくとトロリと乳化がはじまる。出来上がり。
お皿に移してレモンの皮をすりおろし、香りを立たせて食べるだけ。レモンの酸味と香りが爽やか。バターのうま味と自然な甘みが口に広がりあっという間にお腹に収まる。ほぼ炭水化物、しかもバターまみれの炭水化物を食べながら、罪悪感が無いのがステキ。オキニイリ。

コメント

  1. らら

    うわー。美味しそうなパスタ!
    唾液腺が刺激されます笑

    お蕎麦屋さんのカレー、イイですよね♪
    うどんやのカレーはカレーうどん?となるけれど、蕎麦屋のカレーはそれだけでジャンルが成立している様に思います。
    あーん。たべたい(´﹃`)

    • サカキシンイチロウ

      ららさん
      お蕎麦屋さんのカレーってまごうことなき日本のカレー。
      出汁がベースにあるから、醤油をかけてもソースをかけても不自然じゃないんですよね。
      最近はやりのスパイスまみれのカレーはたまに食べるのにはいいですけれど、ホッとするのはお蕎麦屋さんのカレーのように感じます。

  2. らら

    仰ること、とってもよくわかります(๑>◡<๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。