四谷牛禅でしゃぶしゃぶもすき焼きも…。

近所でしゃぶしゃぶアンドすき焼き。
「牛禅」っていう店。
六本木にある店はレディーガガさま御用達だっていう、でも四谷三丁目のココは大衆的にて、使い勝手がよいお店。食べ放題のプランが充実。しかも焼き肉か、あるいは鍋が選べたりしてなかなか便利。店の雰囲気もちょっと個室っぽくって居心地がいい。好きな店。
今日は鍋。
すき焼きとしゃぶしゃぶが一度に食べることができる鍋を用意してもらいごまだれ、ポン酢、割り下に水。鍋にはスープと割り下入って、もみじおろしに刻みネギ。すき焼き用の生卵とテーブルの上がにぎやかになる。選べる肉の種類で値段が3種類。真ん中の値段のをたのんでしまう小心者でございます。

和牛の霜降りロースに豚肉。牛たんにシーフード。
肉は見事な薄切りで、ココで切ってる。この「ココで切ってる」っていうのがかつては当たり前だったのに今では珍しかったりするほど、しゃぶしゃぶ、すき焼きを取り囲む環境は恵まれているのか、便利すぎるのか。
同じ肉を焼肉用としゃぶしゃぶ用に切り分けるだけの技術と手間。いいなと思う。
野菜が2種類。しゃぶしゃぶ用とすき焼き用の両方が用意されるのが律儀でもある。白菜、えのき、しいたけは共通。ネギはすき焼き、水菜はしゃぶしゃぶ、焼いた豆腐はすき焼きに、絹ごし豆腐はしゃぶしゃぶ用、糸蒟蒻に葛きりと似ているようでいてやっぱりこの方がしっくり来るなぁ…、って思いながらクツクツしたりしゃぶしゃぶしたり。

ちなみにココの鍋がかなり独特。
鍋の真ん中に壁を作って、仕切って二種類のスープでたのしむ鍋は多い。
そこですき焼きを作ると底にチョロリと沸き立つ割り下。
なんだか残り物を食べてるみたいな感じがしてくる。
ところがここの鍋はしゃぶしゃぶ用の部分は深い。そこに浅いすき焼き用の鍋がくっついたようにできてて、それぞれがおいしそうにできていくのがありがたい。
醤油の味がくっきりとした割り下で炊くように仕上げたすき焼き。脂が旨い。しゃぶしゃぶ用のごまだれが甘くてびっくり。肉の味もしないほど。代わりにポン酢がスッキリしていて、ほとんどそれでしゃぶしゃぶ食べる。

焼き肉もあるお店ならではの具材がホルモン。これをすき焼きの鍋に入れてクツクツ煮込む。
くったりしていたホルモンがみるみるうちに縮れて脂がつやつやしてくる。細かく沸騰する鍋の中でふるふる細かく震えて仕上がる。それをネギを刻んでのっけたご飯の上に乗せてハフハフ。
プルプル口の中でホルモンが踊ってネギがシャクシャク潰れる。いやはや、おいしくって申し訳なくなる食べ方にうっとりしながら、プルプルハフハフ。このホルモンを炊いた後のすき焼き鍋がまたおいしくて、肉をクツクツ。ご飯を巻いて食べて〆。

 

関連ランキング:焼肉 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。