さくらんぼ

山形のかみのやま温泉にある「高橋フルーツランド」でさくらんぼ狩り。
先々月の東北ではいちご狩りをたのしみました。
大人の遠足みたいな感じ。
ハウスの中にさくらんぼの木がみっしり植わって、枝から直にさくらんぼをとり口に運んで味わうたのしさ。
どれが甘いかなぁ…、なんて思いながら食べ比べるもどれもほどほど甘くて酸っぱく、さくらんぼ味がするところ。当たり前なんだけどすごくウレシク次々食べる。食べては種をプップと地面に吹き出し捨てる。そうしてください…、それが来年のいい肥やしになりますからって言われてプップ。
イーストウィックの魔女たちのシェールになった気分になった。1987年公開、ジャック・ニコルソン主演のあの映画。オモシロかった…、ひさしぶりにまた観てみようって思ったりする。
それにしてもこの農園。到着したらまず「今日はご予約ありがとうございました」って挨拶からはじまって、さくらんぼの種類の説明やとり方なんかを明るく丁寧に説明し、しかも「30分たのしんでくださいね」って言ってくれるところに感心。農業じゃなくてサービス業って思いもしました。オキニイリ。

 

関連ランキング:その他 | かみのやま温泉駅

 

東京に戻って夕食。ひさしぶりに家の近所の「肉匠酒場丸信」にくる。
開業したときには女性スタッフだけでやってた居酒屋だった。メンバーがちょっとづつ変わって今では男子スタッフも数多く。店長も女性店長から元気なおにぃちゃんに変わったけれど、明るくゴキゲン。あらっぽいところがなくって気持ちいい。
どんなに疲れてもやってきても、飲んで食べて帰ることには元気になれるところが好きなオキニイリ。今日も旅の疲れを癒やしましょうと友人さそってやってくる。

手っ取り早くまずは揚げ物。あまりみないメニューが結構登場してて、そのひとつ。揚げ餃子をたのんでみます。こんがり揚がった生地にたっぷりネギとラー油とポン酢がかかる。食べるとプチュっと中からたっぷり熱い肉汁が飛び出してくる。なかなか旨い。
絹ごし豆腐を油におとし作った自家製揚げ出し豆腐。熱々、フルフル。舌の上でプルプル揺れて壊れてとろける。作り立てはおいしいものです。ピリ辛タレに漬け込んだイカのゲソをカリッと揚げたピリ辛揚げは、昔からあるココの定番。今日のゲソはプルプル感がいつも以上に強くて旨い。

串焼きいくつか。
豚バラ肉に砂肝、レバー。
どれも塩焼き。塩の他にたっぷり胡椒が振りかけられてて、素材そのものの旨みを感じるほどよき味わい。
今日のおすすめがベビーコーンの焼き物で、たのめば軸付き。バター醤油を刷毛でぬりつつこんがり焼いたものでおいしい。お替わりしたくなるオゴチソウ。
ブリカマ焼きがあと一個…、とたのんでみればどっしり大きく中には肉がたっぷり詰まって堪能できた。明日から再び出張します。風呂に入って明日の準備をいたしましょ。

 

関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。