この夏のオキニイリ水分補給と横濱チャーハン

今年の夏は厳しかった。
暑くて長くて、蒸すうえ外出するときはマスクをしなくちゃいけなかった。
リモートワークやテレビ会議が中心で、出張、外出の打ち合わせがほとんどなかった。だからぼんやりしてると一日部屋の中に閉じこもってしまうことになる。
だから毎日、運動代わりに街に出た。
地下鉄や電車になるべく乗らないように。新宿三丁目なら歩いて20分もかからぬ場所。途中の道はほとんど人が密にならない公園脇で、だから毎日、よく歩いた。日焼けしました。クロックスを素足に履いて歩いてたから、足の甲が丸い斑点焼けになったりもして、その分しっかり汗もかいた。

…、となると水分補給が大切で今年くらい麦茶を飲んだ年はなし。それから何ヶ所かの水分補給スポットを見つけて重宝したのです。そんな一つが高島屋の地下の「答案」。台湾出身、アンサーティーと読む中国茶のお店です。
たのむとプラスティックの大きなシェイカーにジュースベースと氷とお茶。
カシャカシャやってカップに注ぐ。
それを機械にポンッと置くと、自動的に口の部分にフィルムを貼って蓋の代わりにする仕組み。
その動きがなめらかで惚れちゃう感じ(笑)。
タピオカ系がほとんどなんだけど、タピオカなしのフルーツ茶が何種類かあってそのひとつ。
グリーンアップルウーロン茶っていうのが今年のオキニイリ。
緑の色がまずさわやかで、飲むと不思議なことに冷たい煎茶のような味。軽い渋みと明るい苦味。香りも緑でウーロン茶につきもののカビ臭さのようなものがない。
グリーンアップルの香りと酸味がウーロン茶をスッキリさせているのでしょう。ただずっと飲んでると舌の上にウーロン茶っぽい影を帯びた苦味と風味がつもってくる。あぁ、ウーロン茶だったんだ…、って思ってそれもまたおゴチソウ。今日はLLサイズをもらって行く夏しのぶ。オキニイリ。

 

関連ランキング:スイーツ(その他) | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

 

さて家で夜。
あったかくってやわらかなものでお腹を軽く温めよう。
そう思ってうどんを炊いた。
関西風のやわらか蒸しうどん。
昆布の出汁でそのまま炊いた。クツクツクツクツ炊いてるうちに、汁をうどんが吸い込んで、見た目はまるで汁なしうどんのように仕上がる。
刻んだネギは九条ネギの茎の部分。刻んだお揚げにおぼろ昆布に鰹節。容赦なく酸っぱい梅干しをポンッとおき、よくかき混ぜてあとはズルズルすするのみ。
底に沈んだ汁は甘くて風味もゆたか。それをたっぷり飲み込んでぽってりやわくなったうどんはまるで汁が麺の形になったよう。豊富な具材でお腹も満ちる。しかもあったか、汗もかく。

お供に崎陽軒の横濱チャーハン。一時期、崎陽軒の全弁当の制覇を狙ってよく食べていた。ただ調べていくと東京にいるだけでは全部制覇する夢は叶わぬことがわかった上に、季節商品まであるから一年がかりの野望とわかった。それでちょっとペースダウン。
いろいろ食べた中でも一番気軽で愛らしいなと思ったのが、この横濱チャーハン。
名前の通りチャーハンが主役でシウマイは2個。かわりにチャーハンの上にはグリーンピースやエビがたっぷり。パラパラポロポロ、口の中を転がる乾いた食感が軽快なのがオキニイリ。煮たたけのこがたっぷりはいっているのもうれしい。そう言えば今日は中秋、丸いシウマイがお月さまに見えてきました。のんびり夜を過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。