きつねうどんにミニ牛丼、パイホールでピーカンパイ

朝から家の近所はザワザワしてた。東京オリンピックのマラソン走者選出の競技ルートが家の近所。しかもそこが勝負を決するコース一二を争う難所というので応援の人やマスコミがワンサと押し寄せざわついていた。
ボクはテレビ観戦。見慣れた家の近所の景色がテレビにうつる。そこにたくさんの人が集まり、走る人に声援送る。
「自分の街にオリンピックがやってくる」ということはこういうことなんだろうなんて思ってちょっとワクワク。お昼前には競技は終わり、それでもしばらくは食事の場所を探す人たちでにぎやかで、それでちょっと遅めの昼食。松井製麺所にやってくる。
お店に入ると奥のカウンターの中で奥さんがニコニコ手を振り出迎える。さっきまで本当に忙しかったんよ…、なんて世間話をしながら注文。

ずっと冷たいうどんをここでは最近食べてた。
けれどそろそろ熱いうどんの季節だろうなぁ…、とそれで熱いきつねうどん。
うどんの入った丼の上を覆い尽くして余りあるほどに大きなお揚げ。
関東ではなかなか見ないサイズで、けれど讃岐じゃこれが一般的。同じ食品でも土地が変わると微妙に異なる。日本の食の多彩で豊かを感じてニッコリ。
甘く煮込まれたシットリとしたみずみずしさで、それをめくると下にはうどん。
冷たいうどんと違ってやさしい表情。熱い汁の中に沈んで居心地良さげにゆれている。麺の角が壊れて若干丸くなり、壊れた麺が汁を濁らせとろみもつける。ほどよくやわらか。けれど芯の部分は硬さが残り、すするとヌルンと壊れた麺が唇撫でる。これもうまいな…、と感心ウットリします。

ミニ牛丼をお供にもらう。肉うどん用に炊いた甘辛の牛バラ肉をつまみ上げては茶碗に盛ったご飯の上につるすようにして煮汁を落とす。それを何度も何度も繰り返し、ご飯を煮汁でビシャビシャにする。そこにたっぷり肉を盛り紅生姜のせ出来上がり。つゆだく状態のご飯がおいしい牛丼完成。
だからご飯はそれだけ食べても十分おいしく、肉をうどんの上にのっける。ネギに天かすをドサッと入れてグルンと混ぜるとそれらの味が汁に混じってなんともおいしい。
ズルンスルンとお腹の中に麺を収めて汁もゴクゴク。良き日曜のお昼なり。

 

関連ランキング:うどん | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

 

新宿に出てパイホール。
いつものんびりしている店も、いつも以上にのんびりしていてお店の中をほぼひとりじめって贅沢状態。
店の入口近くに厨房が置かれて、その厨房の裏側に客席があるというちょっと変わった構造の店。
その厨房越しに店の表をみると、人が行き交う様子が見えてお店の中ののんびり具合が一層ひきたつ。実はお店の前は改札口と改札口をつなぐ通路もかねている。
ニトロコーヒーとピーカンパイをもらってのんびり気分を盛り上げる。
生ビールが出てくるような金属製ののずるからカップにとくとく注がれる。液体部分はコーヒー色で、なのに上に白い泡がふっくらのっかる。見た目はあたかもギネスのごとし。

オモシロイのが泡は浮いているだけでなく、ゆっくり増えていくのです。アイスコーヒーがたくわえた泡が底から次々、生まれて浮いて浮かんだ泡と一緒になってふっくらふくらみ蓋をする。飲むとぽってり、泡と一緒にとくとくお腹の中に流れてコーヒーの苦味と香りがおいかけ鼻からぬけていく。そして気づけば泡が再び、アイスコーヒーの上に漂い蓋をする。泡の蓋のおかげで香りや風味がずっと持続するのもありがたい。
ピーカンパイはオキニイリ。ピーカンナッツを一枚ペリッと剥がしてパクっ。アーモンドの香ばしさにカシューナッツのなめらかさ、くるみの渋みが一度に口にやってくる。甘いフィリング、ザックリとした生地もおいしい。癒やされる。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。