きそば宇都宮線ホーム店

ちょっと勉強。吉野家に来る。
たまに食べたくなるのがここの牛丼。すき家でもなくなか卯でもなく、なにしろボクがはじめて「牛丼」なるものを食した店が吉野家だからボクにとってのデフォルトがこれ。店の前に漂う匂いが、ときに悪臭と感じて辟易することもある。けれどお店に入ると不思議とこれがおいしい匂いと感じてしまう。なんだか不思議。
牛丼の並に鰻の蒲焼きをつけ「牛うな丼」にして食べる。鰻についてくる山椒と七味唐辛子をたっぷりふりかけハフっと食べると、鰻の脂がねっとりからむ。体に悪いの食べてるなぁ…、ってしみじみ思う(笑)。豚汁お供にお腹を満たす。先を急いで、レッツラゴ!

仕事を終えて家に帰る途中に駅の蕎麦。
小山駅の電車のホームにある「きそば」。昔はホームに立ち食い蕎麦の店が沢山あったけど、混雑を避ける意味もあってでしょう。ずいぶん減った。
ホームにあるのと駅舎にあるでは特別感がかなり違うお湯な気がして、だからこういうホームにポツンとある店をみつけると思わず試してみたくなる。
しかもこの店からはおいしい匂いがやってくる。出汁と醤油のおいしい香り。
中ではおばちゃんがニコニコしながら働いていて、大きな茹で釜からの湯気で景色の輪郭がやわらかになる。腹がなる。
蕎麦にコロッケのっけて、岩下の新生姜を追加で注文。若干幅広の色黒蕎麦が醤油色した色黒のつゆに沈んでゆらり。おいしい香りに今度は喉がゴクンと鳴った。

醤油の風味とコクが口に広がるつゆ。ズルンと麺が口の中へとやってきて、軽い粘りと一緒にとろける。つゆの味は力強くて七味をたっぷりかけようが、新生姜がこれほどどっさり入ろうが揺るぎないのがオモシロイ。
ザクザク奥歯で砕けるような生姜の食感が、ねっとりとした蕎麦の食感引き立てる。
それにしてもこのコロッケ。作られているときにはこうして蕎麦の上にのっかりつゆに浸され崩れていこうとは思いもよらなかったに違いない。パン粉のカサカサした食感の名残はあっても、口の中では芋がとろけてコロッケらしさを忘れてしまう。ズルズルハフハフ味わいながらお腹あったか。さぁ、帰る。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 小山駅

コメント

  1. 食欲

    いつも立ち食いそば屋さんでコロッケをのせるサカキさん。サカキさんの文章の表現力と写真の相乗効果で、カリカリの物をふにゃふにゃにして食べる事に抵抗のある私も、一度試さねば、と思うのですが未だに食した経験なし。昔中井貴一さんがお金のない時にあこがれていたのが、コロッケののったおそばだったっておっしゃってました。サカキさん以外にもコロッケそばのファンはいるらしい。。。いつか私にもわかる時がくるのか!?
    それにしてもこのおそば、太めでておいしそう!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      ボクもコロッケそばのおいしさに開眼したのは以外に近年。5年前のコトでした。
      きっかけは揚げたての天ぷらにこだわる立ち食い蕎麦の店でちょうど天ぷらが切れたタイミング。あったトッピングがコロッケやキツネにわかめと言ったものばかり。それでコロッケをのせてみたら、これが案外美味しかったという次第。
      偶然のおかげで広がった味覚の世界。食とは本当にオモシロイものですね。

  2. Comfort

    きそばの写真を見ると悶絶します。
    どなたか関係者の方、このブログを見てたら博多(九州)出店、是非とも御検討頂けませんか?
    絶対繁盛すると思うのですが。
    「天ぷらそば」ではなく「かけそば+天ぷら(単品)」に「ねぎだく+替玉」を追加で何と¥580-!
    「生そうめんの冷やし麺(¥370-)」も気になるな~~。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Confortさん
      多彩な立ち食い蕎麦のお店の宝庫、関東地方にあってもこの店は独特。
      しかもいいお店。
      ボクも家の近所にほしいなぁ…、と思います。
      生そうめんは去年からはじまった夏限定のメニューで、それにたっぷり新しょうがをのせるとたまらぬゴチソウです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。