かつ吉で燻し銀なカツを味わう

たのしい時間にほのぼのしながら東京駅に到着し、腹ごしらえをと友人を呼ぶ。
シアワセな日に一人で食事をするのは勿体無い。
それで2人で駅の近所の新丸ビルにやってくる。
竣工してからもう10年。
だから心機一転というコトもあるのでしょうけど、レストラン街は店舗入れ替わりでかなりのお店が閉店している。
この十年で丸の内から大手町にかけビルが続々完成し、どこも飲食店を充実させているから競合激しいのでしょう。
しかもこのビルの飲食店街は上層階でもなく地下や路面フロアでもなくエスカレーターを乗り継いで上がっていかなきゃいけないロケーション。
家賃の割には売上をあげることがむつかしいのかもしれません。

特に鳴り物入りでここに入った個性的な店が続々撤退で、残っていくのは資本力のある大企業系…、というのがなおさら切なく感じる。そんな中でも大企業でなく家業でやっているけど元気なお店を訪ねる。
「かつ吉」というとんかつの店。水道橋でながらく仕事をしていたボクにとってはとても馴染み深くてなつかしい店。

おしゃれな外観、インテリアの店が並ぶ中、泥臭くってちょっと田舎っぽさすらある店の雰囲気。とんかつのような伝統的な料理がおいしく感じる空間ってこういうモノに違いなくとても落ち着く。
テーブルの上に漬物が入った三段重ねの器。らっきょう、梅干し、薄切り大根の麹漬けとどれもおいしくお茶のお供に思わず手が出る。
千切りキャベツが大きなボウルにまずやってきて、おかわり自由というのがこれから揚げ物食べるお腹にウレシイ。さっぱりとしたシソの香りのドレッシングやソースにおいしい塩、芥子と料理をおいしくたのしむための調味料が多彩に揃うところもステキ。

とんかつが揚がるまでを酒の肴でちょっとたのしむ。
牛タンの鉄板焼きが季節メニューにのっかっていた。
ココも牛タン!
ブームだもんな…、と説明書きを読んでみるとなんと仔牛の牛タンというではないの。
早速たのんで食べてみると、ざっくり歯切れる食感は上等な芯タンみたいで、けれどやさしい。
歯切れ感がとてもよくってしかも旨みも上品で仔牛の肉のミルキーな旨みに似ていてウットリします。炒めたモヤシも上にのっかるネギ塩も塩の状態がとってもよくて、ビールをおいしくしてくれる。それからそら豆。皮ごと一緒にジックリ時間をかけて茹でてる。実はトロトロに感じるほどで、なるほどこうして良く茹でてやれば皮がおいしく味わえる。これまた塩の具合がよくて、いい塩梅に感心します。

そしてメインのとんかつが来る。
どちらも今のおすすめメニュー。
ボクは、大きなエビのフライをメインにヒレかつ、小柱のかき揚げを盛り合わせにした御膳料理。
メインの揚げ物の他に、生のもずくの酢の物やお新香、小柱のクリームグラタンとサイドの料理が多彩にそろってとてもニギヤカ。
この小柱のグラタンが見た目はスイートコーンのクリーム煮のようで、ところが食べると貝の旨味や小柱のサクッと歯切れる食感がとてもたのしいよき一品。
この小柱を分厚いパン粉衣に閉じ込め、サックリ揚げたかき揚げはパラパラパン粉が散らかると一緒にカラコロ、小柱転がるニギヤカ料理。

友人がたのんだのはヒレかつメインにエビカツ、クリームコロッケ、小柱かき揚げの盛り合わせ。
エビを細かく刻んでまとめとんかつ状にしてあげるカツ。小柱のかき揚げと同じく噛むとハラリとほぐれる食感儚くて、けれどムチュンとエビ独特の歯ごたえ、歯ざわりが続いてくるのがオモシロイ。

ソースが昔に比べてちょっと甘めになりましたか…、料理がどんどん甘くなるのはここしばらくの傾向で、しょうがないかと思いながらもソースの甘さが素材の旨味を台無しにすることもあるよね…、と思ったりもする。そんな気持ちに応えるためか激辛ソースっていうのが用意されていて、これがおいしい。ビリビリ辛くて酸味もしっかりしているから肉の旨味が引き立つソース。

タルタルソースはぽってりとしていて玉ねぎ、玉子がたっぷり入ってとてもなめらか。それをどっさり、エビフライにのっけて食べる。ムッチリとした上等なエビ。歯ごたえよくて甘くてエビの香りも豊か。パン粉衣で包まれて蒸し焼きされたような味わい。
ヒレの断面の艶っぽさもウットリするほど。ヒレはとってもみずみずしくて噛むとジュワリと肉汁滲んで、まったり歯茎を撫で回す。
ご飯が白米、シソご飯と選べるところも昔通りで、シソのご飯をほんのちょっとだけ。ご飯の代わりに千切りキャベツをたっぷり食べて、お腹を満たす。なめこの赤出汁もボクの好みで思わずニッコリ。オキニイリ。

 

関連ランキング:とんかつ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。