お茶と語らい氷を食べる…

「茶語」と書いてチャユウって読む。
お茶の販売コーナーをもった台湾風のカフェレストラン。「お茶を通じて語り合う」というコンセプトで、前からちょっと気になっていた。
ただちょっと入りにくい雰囲気で、なによりおじさんひとりじゃとっつきづらい感じがした。
今日は家に帰る前にお腹の虫をなだめておきたい気持ちと、お店の前のメニューに台湾かき氷の写真をみつけて、それではじめてやってきた。
テーブルクロスがかかったお店。背筋が伸びるほどよい緊張感があって、けれど同時に居心地も良い。やわらかな感じがするのです。
気持ちはすっかりかき氷だったのだけど、かき氷をおいしく食べるためにもほどよくお腹を満たしましょう…、と海老ワンタン麺をたのんで食べる。

これがちょっと変わった料理で、スープにジャスミンティーを使っているというのですネ。
そう言えば最近、めんつゆを水の代わりにお茶で割るとおいしいだっていうのがブームになってるらしい。
緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶とお茶で出汁の風味が変わる。
そんなことってあるのかなぁ…、と思ってこれを試すと不思議。
たしかにジャスミン茶の香りと渋みを感じるスープ。
変かというと決してそうではなくて、スッキリとした味わいが今日みたいな暑い日には案外ぴったり。スープが若干緑がかっていて目にも涼しい。
ザクザク歯切れる極細麺。プリプリとしたエビ餡おいしいワンタンとどれもキチンと正統派。付け合せにキュウリのラー油あえがついてくるのも台湾的でみずみずしい。

そして目当てのかき氷。ミルクと砂糖を凍らせてかんなで削るようにして仕上げる、だからふっくらやわらか。氷というよりアイスクリームとシャーベットの中間みたいな食感、独特。口溶けがよくて急いでたくさん食べてもキーンっと頭が痛くならないのもいい。
マンゴーとマンゴーシロップがたっぷりで、口の中が南国になる。
お供のお茶は龍井茶。台湾の緑茶でそれを小さな茶碗でゆっくりと飲む。ポットにたっぷり差し湯も入って、それがほどよくぬるめの温度。渋みと香りで口をスッキリさせながら、氷を味わう。おうちに帰る準備がほんわか整った。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

 

冷蔵庫の中にネギが山ほど残った。
しかも上等な九条ネギ。なにかに使うかなぁ…、と思って買っておいたのだけど使わずじまいで、このままだと無駄になっちゃう。
こういうときはねぎ焼き作ってみるのが一番。
ざく切りにしたキャベツに山芋。買い置いといた浅草むぎとろの冷凍とろろを解凍し、粉に豚肉。細かく刻んだ練り物くわえて玉子と一緒によくかき混ぜる。九条ネギをひたすら切ります。切ったらそのまま生地に入れ空気を含ませるように軽くやさしく混ぜ合わす。ほんのひとつまみ分の粉がこれほどたっぷりの料理になってくれるというのがうれしい上に、ザクザクとしたネギとキャベツの食感たのしい、これは粉モノじゃなくて「野菜モノ」って思ったりした。ヨルゴハン。

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    はい、野菜タップリでO.K.デス!(とつい叫んでしまい—。前に疲れている、と書かれていたので、野菜のビタミンが効くと思いまして—)。
    酷暑の折、どうぞご自愛くださいませ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルテイモアのおかずさん
      食品を買いに行ってまず野菜売り場を見るようになりました。季節がありますよね…、野菜売り場には。気持ちもホッとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。