お決まりの寿司、冷たい釜揚げしらすの蕎麦

昼、寿司をつまもうと、新宿三丁目の「鮨丸」にくる。
ボクの育った松山にすし丸っていう寿司屋さんがあって、家族でよく食べに行ってた。冬には蒸し寿司があってそれが大好きで、3年ほど前までこの鮨丸にもランチメニューで用意されてた。
それが一層なつかしく、よく使ってた。けどいつしか蒸し寿司がメニューになくなりそれでしばらくご無沙汰だった。ひさしぶり。
店の入り口脇には対ウィルスの取り組みをわかりやすく貼り出している。「手」で「生」のものを扱う寿司屋という業態は、衛生基準がもともとしっかりしているところが多く、カウンターという逃げ場のないところで作られるものは尚更のこと。それでもこうして安心を何かに担保しなくちゃいけない、今という時の飲食店は本当に大変。

カウンターに座ってランチのお決まりもらう。ちょっと上等なにぎりでトロが二貫にカンパチ一貫。甘エビ、ホタテにウニ、イクラ。マグロの赤身ときゅうりの裏巻き、あおさを混ぜた卵焼きがつき、エビの味噌汁でひと揃え。
巻物が裏巻きである…、ってところにインバウンドに向けての工夫を感じる一品。お店はしんみり静かでした。
ネタは大振り、厚さも十分。シャリはキリッと酸味強めでよき状態。ネタ自体の鮮度もよくて歯切れ、歯ごたえ、食べ心地ともに極めて良好。いいお寿司。汁も熱々、しっかりしてた。
それにしてもなんで甘エビってこんなに上等な顔しているの、ってしみじみ思う。これより安いにぎりセットは茹で海老でそちらの方が本当はよかった。後からやってきたおじさんが同じセットを注文し、甘エビは苦手だからって別のものに変えてと注文。そしたらなんと穴子に代わっておりました。好みは分かってもらうもの…、って再認識をいたします。

 

関連ランキング:寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

打ち合わせにてほんのちょっとだけヒートアップ。興奮したらお腹にちょっと隙間ができた。
蕎麦にする。
寿司のあとにはやっぱり蕎麦。新宿三丁目の裏路地にある「蕎麦一」にくる。
オモシロイ料理が目白押しの店。席に座って壁の商品札を見てるとあっという間に時間が過ぎる。
すっぽん蕎麦とか豚の角煮を乗せた肉蕎麦。今の季節は牡蠣そば、牡蠣天せいろ。豆腐そばなんて変わり種もあり、あれも食べたい、これも食べたいとお腹がいくつあっても足りないたのしいお店。
オキニイリは釜揚げしらす蕎麦でそれの冷たいの。丁寧な仕事の店で注文してからちょっとのんびり。目の前のおじさんが牡蠣天つまみに冷や酒飲んで、それからせいろとしあわせな昼。大人な店でもございます。

キリッと冷たくなのに荒々しくて力強い汁。節系のコクや香りや軽い渋みが釜揚げしらすの風味で強調されていて、旨味も強い。蕎麦もキリリと歯ごたえが良い。蕎麦そのものの風味よりも歯ごたえだったり喉越しだったりを味わうように出来上がっていて、食感たのしい。
提供する直前にすり下ろしたからでしょう…、大根おろしがビリビリ辛くて汁や釜揚げしらすの旨味、甘味をひきしめる。辛い大根がお腹を燃やして、冷たい料理を食べているのにお腹が冷える感じがしない。蕎麦湯をもらってゴクリと飲んで、最後にお腹をあっためました。堪能す。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。