お江戸の漬け丼、仙台牛たん

東京駅の寿司清で朝。朝食営業でにぎわう駅構内のグランスタにあって、おそらく一番人気の店でしょう。
開店と同時に次々お客様がやってくる。
おなじみさんは迷わず入口脇のレジで注文。お金を払って案内された席につく。
どうしようかと迷ってなかなか決まらぬ人に、お店の中から女性スタッフが、「おはようございます」と明るい顔と笑顔で挨拶。それが決め手でやってくる人も多くて、それほどお店のムードは明るい。
のれんの奥の仕込み場で下ごしらえをするのも女性。カンターの中で料理を整える板前さんは男性だけど、それ以外のホールスタッフは女性ばかりで、これほど女性が目立つ寿司屋も珍しい。それが朝のムードにはぴったりで、くるたびニコッと笑顔になれる。

漬け丼の定食に山かけとろろを追加する。
片手のひらにすっぽりおさまる小ぶりのお椀にぎっしりご飯。
上にもぎっしり漬け刺身。
マグロの赤身に中とろ、サーモン、イカにホタテに白身に鯛。大葉の上にイクラと中落ち。卵焼きがふた切れ、それからガリ少量。
魚はどれもが漬けだれまとっておいしい色になっている。
前回までは大葉がなかった。ほんのひと切れの緑の葉っぱが丼の中を艶っぽくする。オモシロイ。
ご飯に到達するためまず卵焼きを一個食べ、口の中を甘くしたとこに漬けサーモン。
出汁のしっかりきいた味噌汁でサーモンの脂と匂いを流してさぁさぁ、本格的にいただきます。

ひんやりとした魚の食感。ほどよく水気が漬けだれに移ってピトッと舌に貼り付く。味わいネットリ。魚それぞれ味わい異なりおいしくて、中でも今日はイカがゴチソウ。ネットリとして甘くてしかも歯切れよい。
半分ほども食べたところで山かけとろろをザザッと移す。
ワサビを溶いた醤油を少々。風味をつけてザブザブ食べる。ぶつ切りにしたマグロの赤身。これも漬けだれに漬け込まれ噛むとむっちり、歯ごたえたのしくたくましい。刺身を一枚、また一枚と味わうお行儀よい食べ方もいいけれど何が口の中にやってくるのかわからないのをたのしむ食べ方。ザブザブするのもまたおいし。

 

関連ランキング:寿司 | 東京駅二重橋前駅大手町駅

 

仙台でいつものように仕事をすませ、昼食になる。
一番町にある牛タンの利久。今、店を構えているビルの老朽化で間もなく移転してしまうという。勉強会のあとはココで牛タン…、というのが気持ちのリズムになっていて最後を今日はなつかしむ。
極み牛タンの切り落としをこんがり炭で焼き上げて、オニオンスライス、パプリカとあわせてポン酢で味わう一品。ザクザクとしたタンの歯切れと豊かな脂がポン酢の味でスッキリとする。
季節の提案という冷たいサラダそばと牛タンにぎりの組み合わせ。女性向けにしてみたんです…、と、スムージーやプリンまでつき、けれど案外ボリュームたっぷり。牛タン入りの仙台牛タンもあわせて食べて、腹いっぱい。次は新しいお店でお目にかかれますよに…、と思って席立つ。移動する。

 

関連ランキング:牛タン | 勾当台公園駅広瀬通駅青葉通一番町駅

コメント

  1. トシオ

    以前のサカキさんの記事でこの店を覚えました。
    5月も6月も、外国人の連れは鯛茶漬け。私は漬け丼でした。はずさない味で、値段が手ごろで助かります。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      トシオさん
      朝から魚。しかも寿司屋で朝食が撮れる…、というのがありがたいですよね。もっとインバウンドの人たちに人気が出てもいいのにって思うほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。