おもしろきかな「龍の巣」なる店

rryu-oku新宿で野暮用すませて夕食にする。
歌舞伎町から新宿三丁目。
テクリ歩いてオモシロイ店はないかと見て回る。
スゴい人出で、結局、新宿2丁目の手前までくる。

もつ焼き、もつ煮の店がズラリと並ぶ通りには人が溢れて、スゴいにぎわい。一本外れの通りに前から気になっていたお店が一軒。「龍の巣」という大阪に本店を持つ焼肉の店。
ちょうどお客様の入れ替わりのタイミングにて10分ほどでお席がご用意出来ますと…。のんびり待って、お待たせしましたって案内される。

ryu-tableryu-kimchiその席、ちょっとビックリしました。
お店の一番奥の突き当り。
トイレの入り口の脇に作られたカウンター。
普通は物入れなんかを作るデッドスペースに2席分だけのスペース作っているのです。
トイレの入り口の反対側は冷蔵庫。
体を斜めにしながら入るとこれが案外居心地がいい。

スゴいテーブル作ったネ…、って言ったら完成土壇場にココにテーブル作ったらオモシロイじゃないって出来た席なんです…、って。
カウンターの一段高いところに炭場。上にダクトが降りていて、テーブルの下に引き出し。中に割り箸、爪楊枝とよく考えたなぁって感心するような作り込み。
「焼肉茶室」…、あるいは「コルビジェ焼肉」と名付けたくなる。
おじさん2人が座るには少々しっとりしすぎた雰囲気で、ただカップル用には特等席じゃないかと思う。オモシロイ。

料理あれこれ。キムチをとります。「生キムチ」ってメニューに表記されていて、白菜やニラに唐辛子味噌をすり込みしばらくなじませたもの。
発酵してはいないから、酸味はなくてシャキシャキとてもみずみずしい。白菜の甘みだけで味が整いキリリと辛い。
しかもコレがお替わり自由。お店の人がやってくるたび、キムチのお替わりはいいですか?って聞いてくれるところもステキ。いい工夫。

ryu-nikutanryu-niku1ryu-nikuharami

肉を焼きます。赤身の肉。一番のおすすめという厚切り牛タン。塩をあらかじめふった状態でやってきて、お好みでわさびをのっけてどうぞという。
脂が乗ってて焼いてるうちにタンの表面にシュワシュワ小さな泡がたっぷり浮かんでくる。タンそのものの脂の泡で、それが表面サクサク焦がして仕上がっていく。なかなかおいしゅうございます。
ランプはさっくり歯切れるさっぱりとした旨みが旨い。ハラミはタレを揉み込んでいて、タレが甘めで炭で焦がすと風味もゆたか。あらかじめテーブルの上に用意されてる七味ならぬ八味の胡麻の風味が肉をビリリとおいしくしてくれる。

ryu-senmairyu-sujiとれとれの内臓類が自慢のお店。
おつまみとして用意されてた白センマイをたのんでみると、これがおいしい。
手間かけキレイに整えたこの色白がまずおいしげで、食べるとコリコリ。
塩と胡麻油のタレに浸して食べると、ウットリするほど味わい深く癖がないから次から次へと箸が止まらず食べ続けちゃう。

牛すじ煮込みをたのんでみれば、これがほとんど肉だらけ。
煮込みの上にはネギがのっかる。
肉と一緒にこんにゃくが入って煮られているけれど、その量、本当に最小限。
スジはトロリととろけるようで、箸で挟むとホロリと壊れる。にも関わらず口の中にいれると肉そのものの味わい、そして食感がある。歯で感じるのじゃなく、歯茎や舌で感じる食感。肉感的でウットリします。オキニイリ。

ryu-liverryu-hormon内臓類を次々焼きます。

まずはレバー。
角張っていてとても頑丈。
箸でつまんでも壊れることはまるでなく、網の上にのせると一瞬、キュッと縮んで震える。
震えながらも血が浮き出るようなコトもなく、赤身を帯びた灰色に色をかえつつ焼けていく。
表面カチッと焼き上がり、試しにちょっとたたせてみると網の上にスクッと立って倒れない。健気な姿にキュンっとくる。
食べるとサクッと歯切れてネットリ。口の中でとろけてレバーの旨みに変わる。
それからハチノス。
これはやわらか。しかもクニュクニュ、食感独特。
丁寧に処理して食べやすいようにしているからなんでしょう…、口の中でのとろけ感にはウットリします。

ミノはコリコリ、クニュクニュしていて噛んでるうちにどんどん粘ってとろけてく。内蔵モノらしき力強さにまたウットリ。

文句をいうといろいろあります。炭の量が少ないことと炭を入れた容器に空気穴がついていないから火の煽り方がいささか弱い。だから表面カリッと焼くのがむつかしい。味のメリハリがほんのちょっとだけあればもっと美味しいのにな…、とか文句はいろいろ。

ryu-u1ryu-u2ryu-u3

けれど料理がテキパキ、たのむとすぐに出てくるところ。サービススタッフの気さくで元気で、しかも例えば〆のかすうどんを一つたのんだら、何も言わずに取り皿2つもってくるとこ。「してほしいなぁ」と思ったコトを先回してしてくれる気の利いたとこには感心します。
美味しいものでたのしんでもらいたいって気持ちがひしひし伝わってくる。悪くないなぁ…、と思う店。
かすうどんはおぼろ昆布とネギ大盛りで。ネギを大盛りするとこを写真に撮ってくださいとワザワザ後からもってきて写真をねだる。今的サービスって思ってニッコリ。また来ましょうと思うなり。

 

関連ランキング:焼肉 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。