おむすび唐揚げ卵焼き。かぼちゃの汁にマキアート

今年もよろしくお願いします…、ってリッツボンにやってくる。
昨年暮に顔を出し、来年はいつからするの?って聞いたら今日から。この年末年始のカレンダーは飲食店にとっては結構なやましく、年末ギリギリまで営業してゆっくり再開か、早目仕舞いで4日から。
どっちタイプなんですか…、って聞いたら早めに休んでゆっくり再開なんですよって。それで今日から。
開店とほぼ同時の時間に待ちかねてやってきたらお店の中があわただしい。お弁当の注文が入っちゃってということで「ごめんなさいね…、今日はスパムが売り切れちゃった。
いつもここでは梅のおむすびとスパムむすびをたのんで食べる。ちょっと残念ではあるけれど、前から機会があれば食べてみたいと思ってた「おかかチーズ」を食べるチャンスと梅とたのんだ。

甘く仕上げた卵焼き2個。
鶏の唐揚げも2個でセットを作ってもらう。
野菜のピクルスに紫キャベツの酢漬けがサイドでひと揃え。
ここの卵焼きはしっかり巻かれて焼き上がってて、ボクがお弁当用に作る卵焼きにちょっと似てる。
似てるんだけど、誰かが作ってくれたと思うとゴチソウ。
まるで違った味に感じる。
唐揚げは歯ざわりのいいサックリタイプ。
ボクは好き。
ザクザクもぐもぐ顎を動かし味わい食べる。
野菜のピクルスは大根に大根の葉っぱ、アボカド、カボチャと種類は多彩。
しんなりとして酸っぱく甘いカボチャのピクルスはここならでのオキニイリ。紫キャベツをザクザク食べて、口とお腹を酸っぱくさせる。食欲が湧く。

昔風に酸っぱい梅干し。歯切れがよくって風味豊かな海苔がおいしい梅のおむすび。醤油とおかかをご飯に混ぜて、小さなサイコロ状のチーズをまぜてむすんだおかかチーズ。おかかの旨味にチーズの風味が和風でもない洋風でもない不思議なおいしさ。
口に含むとハラっとほぐれて散らかるご飯がなによりゴチソウ。
汁はカボチャの味噌汁でした。味噌は少なめ、出汁で煮込んでそのままミキサーでジャジャっと軽く砕いて仕上げる。お椀の表面には細かな泡がたっぷり浮いてカプチーノみたいなぽってりとした喉越しやさしい。甘くて出汁の風味がおいしく最後に煮込んだカボチャのかけらが残る。ハフっと食べてお腹が満ちた。今年もよろしくお願いです。

 

関連ランキング:おにぎり | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

食後にオールシーズンズコーヒー。
マキアートを作ってもらう。
四谷三丁目のいかにもカフェって雰囲気と、打って変わってここは焙煎機が主役の場所におかれてて焙煎所で試飲しているような感じがするのもたのしい。
エスプレッソの豆は軽いローストのエチオピア。
酸味が明るく軽快な苦味があって、ミルクの甘味や風味がやさしく包み込む。飲むとぽってり、泡が喉を撫でてあっためホッとするようなオキニイリ。
ぼんやりしてるとマイケルブープレのFeeling Goodがかかってきた。タナカくんが好きだった曲。難しい曲なのにかなりしっかり練習してたまに歌って悦に入ってた。
アニメの歌を歌うときには透き通ったハイトーンボイス。なのにこういう曲を歌うときには一転、だみ声で迫力のある歌い方で、器用だなぁ…、って感心してた。リッツボンで800円。ここのマキアートが430円。しめて1230円ののんびりとした遅い朝。気持ちおだやか、ありがたい。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

コメント

  1. ヨウコ

    おかかチーズ!なんて惹かれる組み合わせでしょう。
    カボチャのお味噌汁も美味しそうだし、唐揚げも!
    こういう朝ご飯、いいですねー。

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      おかかと醤油の風味にときおり、チーズのとろけとコクが混じって元気になるような味でした。
      ここの料理はみんなやさしく、変にプロっぽくないのが好きなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。