おひつ膳田んぼのおむすびで昼

代々木でお昼。おいしいご飯を食べましょうと、「おひつ膳田んぼ」という店を訪ねる。
代々木駅からちょっと歩いたところにあって、お店の周りに草木が茂るどこかのどかなムードがただよう静かなお店。
開店とほぼ同時くらいのタイミングでした。
お店に入るとすでにご飯が炊ける匂いに混じって、魚を焼く香り。
電話が次々かかってきて、お弁当やおむすびの注文がずっと入ってきます。
お店の名前の通り、イートインで人気の料理はおひつ膳。炊きたてご飯をおひつに入れて、おかずと味わう。最後は出汁をかけてサラサラ、出汁かけ茶漬けをたのしんでという料理で、けれどボクはおむすびたのむ。

おいしいんですネ…、種類も20種類ほど揃ってて選ぶ楽しみがあるのもうれしい。
それと一緒におかずをいくつか。しらすおろしとほうれん草の胡麻和え、それから玉子焼き。味噌汁つけてひと揃え。それほど待たずやってきたお膳の上をみるとちょっとさみしく感じて、お漬物の盛り合わせを追加しました。
しっとりとしたしらすおろしにちょっと甘めの味付けのほうれん草とどちらも潤う。味噌汁の中にはたっぷりなめこが混じり、お漬物はにんじん、大根、きゅうりに山芋。どれもさっぱりしたぬか漬けで、古漬け大根とたくわんと全部で6種。サラダいらずのオゴチソウ。

おむすびは鮭いくらに梅干しと二種。
しっとり湿らせたザルにのっけてやってくる。
お膳の上が少々窮屈に見えて、玉子焼きを皿からザルに移して添えた。
甘くてしっとりとした玉子焼き。
ザルにもともと添えられていたたくわん噛むと、耳の奥でバリバリ音を立てて砕ける。
その食感と好対照。

壁には今週のご飯を炊いてるお米の情報が書かれてる。山形、岩手に新潟とどれも米どころのお米たち。今日のはどこの?って聞いたら、岩手、江刺のひとめぼれがメインです…、って。ちょうど二ヶ月ほど前に伺った土地。なんだか不思議になつかしい。

硬すぎず、やわらかすぎずの炊き加減。やさしくむすばれ、中には具材がたっぷり入ってどこを食べても具材を感じる。
鮭はしっとり焼き上げられていくらがプチッとはぜてとろける。梅は少々甘口で、やさしいながらも最後にキリッと酸味が口を酸っぱくさせる。はらりと口の中でちらかる。散らかりながらもひとつにまとまり、お腹にススっと収まっていく。
おいしいなぁ…、炊いたままのご飯もおいしい。けれどこうしておむすびにしたご飯を食べると、むすぶ前のご飯と別物。オモシロイなぁ…、食べるもの、食べることって本当にたのしい。オキニイリ。

 

関連ランキング:和食(その他) | 南新宿駅代々木駅北参道駅

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    近所の韓国系食品店で手に入るので、岩手の ’ひとめぼれ’私も食べてます(今回はサカキさんと一緒だ、なんだか嬉しいな(^_^)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルティモアのおかずさん
      日本のお米は宝物。ボクがアメリカにいた時代には本当に贅沢品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。