おにぎりリッツボン、オールシーズンズのマキアート

早めのお昼ご飯を「おにぎりスタンドリッツボン」で。
新宿二丁目のカウンターだけの小さなお店。マダムひとりでやってて今日は、 開店準備がちょっともたもたしていて遅れた。
送られてきた海苔がいつもの海苔と違ってて、それにあわせてご飯の調整するのにいろいろ手間取って…、って。
徳島出身の方で焼き海苔を徳島県から送ってもらっていたのだけれど原料の海苔が変わってしまったんだということらしい。海苔も昆布もわかめもみんな海の変化と生産者の老齢化で状況ずいぶん変わっているよう。日本の食はどうなっちゃうんだろう…、ってしんみりしちゃった。とはいえおいしいおむすびを作りますよと笑顔がうれしい。

いつもように梅おむすびとスパムおむすびを作ってもらう。
甘い卵焼きを二切れと、唐揚げを2個。
一個サービスしちゃうわね…、って器の上には唐揚げ3個。
ありがたい。
自家製の野菜のピクルスが今日はアボカド、赤蕪、大根、 かぼちゃにニンジン。それから柿が入ってた。
秋でござんす。
食欲の秋。
静かだったお店の中にスパムを焼く音、鶏の唐揚げを揚げる音。ご飯をむすんで形を作るじゃっじゃと湿った音がしてきて、ゆっくりお店が目覚めるような感じがたのしい。香りあざやかなオゴチソウ。

スパムおむすびのご飯には胡椒をたっぷり混ぜて仕上げる。ヒリヒリ辛くてしかも胡椒の香りがふわりと鼻から抜けて、ハイカラ味を作ってくれる。
スパムの脂に負けぬよう、ご飯にたっぷりマヨネーズ。海苔の香ばしさが弱々しくなっちゃったから胡椒をいままでよりも多めに使って仕上げたの…、って言われてみるとそういう感じ。悪くない。
酸っぱい梅干し、さくっと揚がった鶏の唐揚げといつも通りをたのしみ味わい味噌汁を飲む。今日のお汁はとろろの芋のすり流し。おろしたとろろの中に千切りにした山芋混じってサクサクトロトロねっとりと、喉からお腹を一直線にあっため蓋をしてくれる。おごちそうさま、また来ます。

 

関連ランキング:おにぎり | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

食後の時間をオールシーズンズコーヒーでぼんやり過ごす。
コーヒー専門店の小さなお店。できたときにはこんな場所で大丈夫なんだろうか…、って心配した店。
夜の街です。商業地でなく住宅地と呼ぶのも少々躊躇われる場所。
開業から2年ほども経ちましたか…、今では街の社交場のようになってる。近隣の民泊施設に泊まるインバウンドの人たちがこの店を発見して、それがきっかけ。おやつどきには「昔プリン」が人気でスイーツ女子を集めたりもしてかなりのにぎわい。
コーヒーという特徴を出しやすいうえ、ふわふわとした使い勝手の飲み物のパワーはスゴいってくるたび感心させられる。
甘くて苦くて、程よく酸っぱく口の中から頭の芯をあっためるマキアートを飲み午後の仕事へ気持ちの準備を整える。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。