かやくご飯と蒸し寿司

大阪で昼。なんばの「大黒」。
かやくご飯がおいしい店で、営業がはじまる前に近所を歩いた。そしたら出汁の香りとカラメルっぽい焦げる匂いが表通りまで漂っていた。
ご飯が炊きあがって蒸らしに入る直前の煮えばなの香りだったんでしょう…、お腹がなった。
仕事をすませて店に飛び込む。いつも変わらぬおいしい出汁の香り混じりのおだやかな空気が漂う。ホッとする。
いつもはかやくご飯の「小」をたのむ。もっと食べたいと思う寸前で箸をとめるのがおいしい余韻をたのしむコツ…、と思ってずっとそうしてきたんだけれど今日は「中」を食べてやろうと、朝ご飯を抜いてきた。
それで「中」。汁におかずを3つたのんで今日の昼のひと揃え。かやくご飯と汁のお椀は蓋つきで、ワクワクしながら蓋開けめでたくご対面。

かやくご飯の艶々とした姿とおいしい香りにウットリ。
ハフっと一口。
出汁を飲み込み仕上がったふっくらご飯がパラリ、散らかる。
ご飯に細かく刻んだかやくがたっぷり混ざり込んでいて、それらそれぞれが何かを口は感じない。
けれどごぼうやニンジン、油揚げやらこんにゃくがご飯に混じって確かにそこにあるって気配がしみじみたのしい。
具材がご飯をおしのけて主張する炊き込みご飯とは違ったおいしさ。これだけで十分が味が整っていて、けれど汁やおかずをねだるほどよき味わい、風味がなんとも粋。
汁は白味噌、卵を落として作ってもらう。甘い白味噌にどっしりとした出汁の旨味がまじる味噌汁のまたおいしいコト。ぽってり喉を撫で回すようなツヤツヤとした飲み口に、落とした卵の黄身がとろりと溶け出し彩り添える姿がおゴチソウ。

この季節ならではのおかずが鯛の子。出汁で炊かれて最後に卵で軽くとじて仕上げてる。魚卵の粒を卵がふっくらまとめてそれが口の中でフルンとはぜる。騒々しいのにやさしい食感。なにより出汁がおいしく、しかも主役のかやくご飯を炊いた出汁と根っこが同じ。口の中でのまとまりが良い。
焼いたサバは皮がおいしい。自分の脂でバリっと揚がったように仕上がっていて、食べるとそこがサクサク崩れる。崩れて脂が滲み出し、口の中がひんやりするのがなんともたのしい。
茄子の炊いたんもみずみずしくて、出汁を味わうようなご馳走。今日も満ちます…、また来よう。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

 

午後の仕事を終えて大阪から移動しましょう…、のその前に今の季節の小腹満たしをすることにする。
かつて商家が立ち並び、今でもオフィス街としてにぎわっている本町。
目抜き通りから一本入った通りにひっそり佇む老舗。
「吉野鯗」にやってくる。押し寿司、棒鮨の専門店で店を入るとお持ち帰り商品のサンプルが並ぶショーケース。船場の旦那衆のお使い物で重宝されていたんでしょう。
2階に食堂があっていつものんびり食事ができる…、はずなんだけどインバウンドの人たちでちょっと前までずっと満席だったんだという。お店の人の疲れ果てた表情に、大変だなぁ…、ってしみじみ思う。
まわりにこれと言った商業施設はないからわざわざココを目当てにくるんでしょう。工芸品のようは箱寿司がバエて人気がでたのでしょう。

ひと組残してみなさんそそくさ帰られて、のんびり目当ての「蒸し寿司」食べる。きれいな板場の前のカウンター。壁には今年の干支のネズミのお面。背筋がのびる凛々しい空間。冬になると食べたくなるのが蒸し寿司です。昔関西には蒸し寿司を扱うお店が沢山あった。今ではもう何軒かしか残っておらず、それでわざわざ途中下車。
小さな茶碗の蓋を開けると蓋に貼り付く木の芽の香りがふわりと漂う。分厚くフッカリとした錦糸卵の下にはシャリ。しいたけ、きくらげ、穴子にれんこん。海苔をたっぷり混ぜ込んで熱々に蒸す。お酢の酸味が蒸気のおかげでおだやかになり、甘み、旨味が強調される。ふかふかとしたご飯に具材の食感混じってしみじみおいしい。あったまる。
あおさを溶いた白味噌仕立ての汁をお供に、ハフっと食べてさぁ、移動。

 

関連ランキング:寿司 | 本町駅淀屋橋駅肥後橋駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキ様
    憧れの大黒からの吉野鯗!なんて贅沢で幸せな一日になるでしょでしょうか。
    大黒さんにはいつか伺いたいと思いつつまだ果てせておりません。かやくご飯のことを想像するだけでうっとりします。そして、白味噌のお汁は苦手なのですが、こちらのは美味しくいただけそうな予感です。
    そして吉野鯗。新宿の箱寿司さんが閉められてからというもの、気軽に箱寿司を購入できるお店を失い、いっそ大阪に遠征したいほど欠乏しております。その際には蒸し寿司もぜひともですね。
    それまで先ずは八竹さんに伺います。ただ早じまいでなかなか時間が合いません。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      八竹さんの近所に住んでいながら、営業時間と帰宅時間がなかなか合わず、憧れの店のひとつになっています。
      冬は蒸し寿司もやってらっしゃるようで土曜、日曜を狙って今度うかがってみましょう。
      それにしても大阪の食文化ってやはり独特。そしてなぜだかボクの好物は東京よりも大阪にたくさんあるんじゃないかと、本当に羨ましく思ってしまいます。

      • いにしえ

        八竹さんも蒸し寿司を出していらっしゃるんですね。近々、寒いうちに時間を作ってうかがってみます!そして箱寿司を持ち帰り♪

        • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

          いにしえさん
          今日、茶巾寿司を買って帰りました。家の近所にこういうお店があるシアワセ。本当にありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。