おいしい朝ご飯は鮭の皮までパリパリ

和朝食を食べたくってしょうがない。
朝食を提要してくれるお店はそのほとんどが喫茶店とかカフェ、ファストフード。どこも主食はパンが基本。お米ご飯を朝から食べることができるお店は少ない。
かつて大きなホテルに行けば和食堂で和朝食を食べることができたけど、今、ホテルの日本料理のお店はまだほぼ休業。やっていても朝から営業しているお店はまず見つからない。
山の上ホテルも朝食はルームサービスだけだし、帝国ホテルのなだ万も朝は休業。そんなに手がかかった朝食でなくてもいいんです。ご飯に汁、焼き魚があればそれで十分。そうだ…、ならば代々木のおひつ膳田んぼに行けばいいんだと思って来てみた。営業時間が朝8時から。開店時間から10時まで「田んぼの朝ごはん」っていうのがある。おだやかな空気感が売りのこの店にしては珍しく「ニッポンの朝めしを極める」ってなかなかに力強いメッセージ。

おひつにおさめられたご飯に味噌汁。焼いた鮭に漬物、卵焼き。刻んだ海苔でひと揃え。せっかくだから5種類ほどある朝のサイドメニューの中から納豆と南高梅の梅干しを追加しました。
おひつご飯は一回だけだけどおかわりできる。昆布と鰹節でしっかり出汁をとった味噌汁。漬物のタクワンは無添加と食材自体にしっかりとしたこだわりがあり、なにより気に入ったのが「皮ぱりぱりの焼き鮭」というフレーズ。焼いた魚の皮はパリパリでなくちゃネ…、って感心しながら料理を待った。
ちょっと待ちます。おそらく鮭の皮をパリパリになるまでじっくり時間をかけて焼いているのでしょうネ。

10分ほどかかってお膳が到着します。
朝の香りのおいしいこと!
おひつの中にはご飯がふっくら。
量にしてお茶碗軽く2配分ほどでしょうか…。
蓋をあけるとおいしいご飯の香りが蒸気と一緒にフワッと湧いて鼻をくすぐる。
おひつに収められることで、ご飯が吐き出す蒸気が吸い取られ、パラッとかために仕上がっていく。
口の中でパラリとほぐれて、噛みごたえあるボクの好みのご飯になるのがうれしくて、おかずいらずのおゴチソウ。
梅はぽってり。大きくなめらか。
甘さは自然ですっきりとした酸味がおいしい。
種もしゃぶってお茶を飲み、口の中に梅干しの旨味と香りが広がってくのをしみじみたのしむ。
納豆に海苔。醤油をほんのちょっとだけ。軽くグルンとかきまぜてホツホツコロコロねっとりと変幻自在の食感味わう。タクワンと麹漬けの大根をパリパリポリポリ。日本の朝だ…、ありがたい。

さて、鮭の皮。確かにパリパリ。鮭そのものも塩を強めに打たれた昔なつかし系の焼き鮭で、ご飯がすすむ。
ずっと鮭の皮を食べることができなくて、焼き鮭をたのむと皮はみんなタナカくんに食べてもらってた。そのうちボクが食べる前に皮を彼が剥ぎ、自分のお皿に移して食べてたくらいに皮はずっと彼のモノ。こんなにおいしいものを食べられないのって、不幸だねぇ…、って言ってた味はこの味だったの?
噛むとジュワッと脂と旨味が広がって、ご飯と一緒になってなんとも香ばしい。おいしかったよ…、って言って味わう。
味噌汁もしみじみおいしくお腹も一杯。日本の朝が恋しくなったらまた来よう。

 

関連ランキング:和食(その他) | 南新宿駅代々木駅北参道駅

コメント

  1. ちひろ

    はじめまして、こんにちは。

    田んぼの朝ごはん、本当においしそうですね。
    毎日イギリスから、ブログを拝見させていただいています。コロナでしばらく里帰りできそうにありません。
    こちらのサイトを見ながら、今度帰ったときに行きたいお店リストを作っています。

    こちらでも和食はある程度作れますが、鮭じゃなくてサーモンという感じです。納豆も作ってみましたが、大豆の大きさが違うんですね。しばらくはそれで乗り切ります。

    これからも楽しみにしています。お体に気をつけて。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ちひろさん
      日本の今年の夏はかつてないほどに厳しく暑く、ちょっと夏の疲れが溜まってしまったようです。なんだかお蕎麦ばかり食べてるみたいで、たまにはしっかりとしたご飯を食べなきゃと、今朝の朝ごはんとなりました。
      こういう料理が普通に食べられるのは本当にうれしい。世界一と言われるイングリッシュ・ブレックファストも日本人にとってはこういう振るうの和朝食の前では霞んでしまいますネ。

  2. 米太郎

    はじめまして
    いつも楽しみに拝見しております

    ホテルの和朝食、ご存知かもしれない&サカキ様のご自宅からは少し離れてしまいますが、椿山荘で食べられます(みゆきというレストランです)
    自分もたまにご褒美ブレックファストとして使っていますが、お粥がとてもおいしいです
    このお料理はどう食べたらおいしいですか?とサービスの方に尋ねるといろいろと提案してくださるのもありがたく、またテーブル同士の間隔も大きくて(ホテルのレストランあるあるですね)他のお客様を気にせず楽しめるのも好きです
    ホテル入口から少し離れているのと、食べ終わって美しいお庭を歩くとすぐまたお腹が空いてきてしまうのがマイナスポイントですが…
    池袋にお仕事でいらっしゃる際など、是非ご検討ください

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      米太郎さん
      ホテル椿山荘のみゆきさん。朝食をやってらっしゃるんですね。このホテルそのものがフォーシーズンズホテルの時代から大好きで、洋食堂にはよく行っていました。
      情熱的でお客様の好みを聞き出すのが上手なサービススタッフがいて、ホワイトエッグのオープンオムレツとよく焼いたトーストは絶品でした。
      江戸川橋はうちから案外近くて、車ですすっと行ける場所。近々行ってみようと思います。
      はじめまして。コメントどうもありがとうございます。東京の飲食店がもっと気軽に、自由に楽しめる日が早くくるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。