いつものドトール、ゴキゲンな朝

先日、ドトールコーヒーでちょっとさみしいコトがあり、このままドトールコーヒーを嫌いになるのは勿体無い…、と、いつもオキニイリのお店で朝。

一昨日の雪がまだ路肩に残っています。
雪、すごかったですよね…、ってお店の人に言うと、降ってるときにはちょっとワクワク。もっと降ればいいのになんて思ったけれど、雪かきが大変で、見ている雪と感じる雪は違うんだなぁって思いました…、って。
確かにネ…、って相槌うった。

部屋の中から見る雪は切なくやさしくうつくしく。なのに足元を邪魔する雪のにくらしいこと。同じモノでも違って感じる。オモシロイ。

朝食用のオキニイリ。サンドイッチとカフェラテもらう。玉子サラダとハム、レタス。トマトを具材で作ってくれる。薄切りのパンが2枚一組ではさんだあとにザクッと2つに切り分けて、お皿にのって出来上がり。

いつも感心する出来栄えです。
特に今日のパンの焼かれ加減がすばらしく、香りがおいしい。
つかみ上げると指先にカサカサとした感じがおいしい。
噛むと前歯がくすぐったくなる。
めがさめるようなオゴチソウ。

いたずらに甘くしてないパン。
だから、具材の旨みや味わいがしっかり舌にのっかってくる。
ポッテリとした玉子サラダにシャキシャキレタス。トマトが潰れて甘みと酸味を口に広げる。
歯切れる感じ。
壊れる感じ。
つぶれて、まじって、口の中でとろけていろんな素材がひとつに混じり合う。サンドイッチって味もさることながら、食感がにぎやかなのがいいところ。

ボタン一つでできるカフェラテ。コーヒーというよりもミルクドリンク寄りな味わい。飲むたびなんだかなつかしいような気持ちになってた。
なんで懐かしく思えるんだろう…、って今日はじっくり味わい飲んで、そうか!これって電子レンジでチンしたミルクにインスタントコーヒーを溶かして飲んだときの味に似てるんだ…、って今朝気づく。
子供の頃に作って飲んでた。ちょっとづつ混ぜるコーヒーの量を増やして、どこまでおいしく感じるんだろう…、って試行錯誤をたのしんでいた。そんな時の記憶のコーヒー。それもゴチソウ。さぁ、仕事。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. koku

    前回のドトールの記事と今回の記事は面白いですね。完全マニュアル化されてるチェーン店なんだから少なくとも商品はまったく同じはずで、なのにここまで180度お客の印象が変わってしまう。私も同様の経験が山ほどあります。恐ろしい産業だと思います。
    そうなると、考え方は二つ出てきます。

    「商品がよくて、かつマニュアル的ではない塩梅の良い血の通った接客が、品質以上に顧客満足度を上げて企業の価値を高める。そのような接客を実現するためには、現場の従業員を幸せにしなければならない。自分が幸せでないのに、他人を幸せにできるわけがない」か、

    「レジだけでなく、接客も全てAIとロボットにやらせれば、良くもないけど悪くもない一定のサービスが持続的に可能になる。大切なのは顧客満足度を上げることより、顧客「不満足」度を徹底的に減らすことである。しかも安上がりで人件費のような不安定かつ不都合な出費に悩まされることもない」か。

    どちらも間違いではない。むしろ「低燃費で結果が出る」のは後者のサービスです。
    おそらく、いやかなり確信をもって、いまの大半の経営者が考えているのは後者でしょう。株主も後者を支持するでしょうね。それはそれで絵に描いたような近未来的予想図で見てみたくはあります。ただし蚊帳の外からw

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kokuさん
      チェーン店とはいえ、そこで働く人を必要とする限り、働いている人の違いが、そのままお店の違いに反映される。
      それが当たり前なんでしょうけれど、その当たり前が許せぬ経営者が結構いるんですよね。
      そのほとんどが高いレベルにあわせるのでなく、低いレベルで満足しようとする。だからどんどん安売りに走ってしまう…、のでしょうね。
      そう言えば、人と人とがふれあうことで出来あがる飲食店という商売。
      当然、働く人だけでなく、そこにあつまるお客様の違いがお店の違いになることもあります。
      最近、渋谷のような街にいくと、集まってくるお客様が作り出すムード自体に、あぁ、駄目だ…、って思ってしまうこともある。
      オキニイリのお店は大切にせねば…、と思わされます。

  2. 猫太

    サカキさん、こんにちは。
    1月ももう末ですが、初コメさせていただきます。今年もおいしく楽しい記事、楽しみにしております。

    いまだ雪かきされていないお店をみると、お客さんのことをどう考えているのかな…と寂しく感じます。
    こちらのドトールは、すっきりとしていて素晴らしいですね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      猫太さん
      お店の中はキレイにしているのに、お店の外に気持ちが行き届かない店。たしかにおおいですよね。
      お店の両隣のお店の前までキレイに整えて、はじめて掃除。…、そんなことを当たり前のように言っていた時代が、遠くに遠くにいってしまっているように感じます。
      今年もゴキゲンにいきたいなぁ…、と思っています。どうかたのしくおつきあい、お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。