いちごのあんペーストの季節になったよ…。

午後に入って霧雨パラリ。風が強くて、まもなく嵐がくるのかなぁ…、と気持ちがゾワゾラする感じ。
甘いものを食べて帰ろう。
そう思って、今朝ワッフルを食べたヴァーヴコーヒーロースターズの一軒隣のトラヤアンスタンドにやってくる。
昨日から春のあんこがはじまった。
あんペーストっていうジャムみたいに瓶で売られるあんこが売り物。
なめらかで、通常のこしあんよりもちょっと緩めに仕上がっていてパンに塗って食べるとおいしい、あたらしいあんこの形。季節のフレーバーがあるのも特徴で、昨日からはじまったばかりのが「いちごのあんペースト」。こしあんペーストとの組み合わせのあんトーストをミルクと一緒に注文しました。

見た目はカステラみたいなパン。
粗くてざっくり。
厚みがあるけど軽くて表面かさかさしてる。
歯ざわりがよくってそこにちょこんとあんペーストが塗られてる。
ひとつは定番のこしあんペースト。
左側のちょっと赤色を帯びているのがいちごあんペースト。
スプーンですくってちょっとまずは味見してみる。

舌にのせると最初はあくまであんこの食感。豆の繊維をほのかに感じる。舌の温度でゆっくりとろけペーストの中に閉じ込められてた香りが広がる。いちごの香り。そして軽い酸味が鼻から抜けていくのに、ウットリします。

有塩バターが一欠つきます。それをあんペーストの上におき、挟んでサンドイッチにして食べる。
熱々のパンの温度があんペーストをあっためて、そのあったかがバターを徐々に溶かしてく。パンの食感、小麦の風味。あんペーストの甘みにバターの塩気、そして旨味が渾然一体。
おいしいなぁ…、そう言えば去年の今頃、ここでタナカくんと二人で食べた。その時もお供は冷たいミルクだったなぁ…。あまりにおいしく、それでたしかお土産でひと瓶買って帰ったんだった。
なつかしいなぁ…、オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

 

夜になって気圧、気温が急降下。食欲そこそこでお粥を炊いた。
お供にレタスとケールをちぎったところにオリーブオイルを温めて上から注いで塩とパプリカ。トングでよぉく混ぜ合わせ、葉っぱをしんなりさせて仕上げる。
パプリカの香りや苦味がレタスやケールの持ち味を引き立ておいしい。しんなりとした葉っぱがとても食べやすく、たっぷりの量がお腹の中に収まる感じもオゴチソウ。
玉子3個で卵焼きを焼き、夜のご飯のひと揃え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。