果実園のいちごとピスタチオのズコットだよ…。

おやつに「果実園リーベル」。大好きだったフルーツパーラー。
最近、いろんなところにお店ができて、なんだかボクの店じゃなくなったみたいな感じがするネ…、ってへそを曲げてたりしたけれど、新宿のこの店は格別好きで、よく通ってた。
いちごの季節には食べ放題をやっていて、仲の良かった六本木のシェフと一緒に行くんだと言っていたけど行けずじまいで逝っちゃった。
地下に降りてく階段はかなり急で、一段一段、ゆっくり降りていたけれどニコニコ、気持ちは早足だったに違いない。
階段を降りると目の前に果物の置かれた棚。左手にはケーキが並んだショーケース。テーブルに案内される前に舐めるようにじっと見ていた。オキニイリのケーキが今日もあるかなぁ…、って。オキニイリは「ピスタチオといちごのズコット」。しっかり今日もありました。

ごくごく薄いスポンジ生地でピスタチオクリームといちごを閉じ込めドーム状に仕上げたケーキ。ドームの外には薄く伸ばした生クリームにいちごが貼り付き、切った断面はピスタチオクリームの緑といちごの赤のコントラストがなんとも鮮やか。
いちごは基本甘いのだけど、ときおりちょっと硬くて酸っぱいものも混じって次はどんないちごなんだろうって、ワクワクしながらたのしく食べる。クチュっと潰れて口の中をみずみずしくして香り豊かでニッコリとなる。
結構ボリュームたっぷりで、でもどんなにお腹がいっぱいでも、これは別腹ってペロっと食べて笑ってた。なつかしいなぁ…、涙がでるほどなつかしい。

 

関連ランキング:フルーツパーラー | 新宿駅南新宿駅代々木駅

 

太くて立派な白アスパラガスを見つけて茹でる。
根っこを落として皮を剥き、それらも一緒に少量の塩を入れた鍋で茹でる。
引き出しレモンを搾って冷やす。ホワイトアスパラガスは茹でて冷ました方が甘くなるからのんびりと。
食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出し常温にし目玉焼きをのっけて食べる。とろける黄身がまるでソースのようにふるまうゴチソウ。
トリュフ塩をパラっと散らせばタナカくんの大好物。
クチーナヒラタで白トリュフを山盛りにしてもらって食べたの…、おいしかったよねって食べるたびにニコニコしながら言っていた。
白アスパラガスを茹でた茹で汁はいい出汁になる。それを使って炊いたご飯でケチャップライスを作って食べる。ご飯自体がおいしくて、それでスッキリ味にしてやろうとトマトピューレとケチャップ半々。玉ねぎ、ベーコン、ディルをちらしておしゃれ味。

立派なタイラガイを見つけて、殻を外して柱をもらった。縦にストンストンと分厚く切り分け、塩とスダチでカプリと食べる。繊維が壊れて上等な旨味がにじむ。好きだったよなぁ…、貝の中でも3本の指に入るオキニイリ。
和牛の焼肉用の切り落とし。塩をほどこし素焼きでこんがり焼き上げて、ハーブ野菜の上にのっけて油をかける。粗みじんにしたニンニクをオリーブオイルで煮た油。ジューッとハーブがしんなりとして肉と一緒に食べるとしみじみおいしい一品。
〆はサダハルアオキのデギュタシオンっていう小さなケーキの詰め合わせ。丸の内の「鉄瓶で出てくる紅茶のカフェ」がオキニイリで、パリのマダムになったみたいな感じがするね…、って笑ってこれと同じようなケーキの盛り合わせを食べていた。

コメント

  1. cross

    タナカさんのお誕生日、おめでとうございます。
    タナカさんはサカキさんと同じように、食べものに対して素敵な感性をお持ちの方なんだな、と今日のメニューを拝見していました。それから、食事の時によく「ニコニコ」なさっていたんだなと。好きな人といる幸せにまっすぐな方だったんですね。
    自分がこの世からいなくなった後でも、自分の誕生日を祝ってくれる人がいるってすごいことだと思います。生きてきたことを報われるといってもいいぐらいの。私なんかでもそう感じるので、タナカさんのような方ならきっとそう思っていらっしゃるのではないでしょうか。

    • サカキシンイチロウ

      crossさん
      どんなに上手にできた料理も、ひとりで食べるとさみしくて、そのおいしさを心から味わうことができないような気がします。
      そんなときには隣にいてくれて、ニコニコしながらボクが食べるところを見てくれているんだと思うことにしています。
      温かい言葉、ありがとうございます。

  2. junchan

    サカキさん

    おいしいもののお裾分け、ありがとうございます。
    ブログを見ているだけで、その場に居合わせているような気分にさせてもらっている気がします。
    お腹が空いてきてしまいました。

    • サカキシンイチロウ

      junchanさん
      これを見ていただいているみなさんと一緒に食事をしているんだ…、という気持ちにもなりました。
      ありがとうございます。

  3. ヨウコ

    新宿の果実園リーベルは私も好きです。
    イチゴの美味しい今の季節は特に楽しいですよね^_^
    あの急な下り階段を、ウキウキしながら降りるタナカさんの姿を想像しました。
    ピエールマルコリーニの階段もそうでしょうけど、美味しい物のためなら多少の苦労も厭わないですよね(笑)

    ホワイトアスパラの茹で汁で炊いたご飯が本当に美味しそう!
    春の贅沢ごはんですね。アスパラの美味しい食べ方も参考になりました。温度が大事なんですねえ。勉強になります。

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      駅を使っての移動なんかでは、いかに歩けば階段を使わなくてすむか、ふたりしてゲームのように調べて行動したりしてました。
      そこで節約したエネルギーをピエールマルコリーニや果実園で使い切る。
      使い切るんだからおいしい甘いものでエネルギー補給をしなくちゃ…、ってたのしく言い訳しながらモリモリ食べてました。なつかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。