あんスタンドとスターバックスでシアワセを買う

新宿駅の南側。バスターミナルの一階にある「トラヤカフェ・あんすスタンド」にやってきてみる。
最近、ぽつりぽつりと増えている。
喫茶店や甘味処、カフェの展開に積極的な虎屋にあって、最も手軽なムードのある店。
店に入ると大きな棚にズラリ並んだガラスの瓶。まるでジャムを売ってるようで、中身はあんこ。つぶあん、こしあん、白あん、ごまあんと定番いくつか。それに季節のジャムがいつも提案されててどれもがおしゃれで個性的。
そのあんこを使った甘味やスイーツ、飲み物が提供されるカフェが併設されている。そこでちょっと一休み。
それにしても清楚でキレイな店構え。来るたび感心するのが水差し。真っ白な陶器の筒がカウンターの端に置かれて、そこに冷たい水がたっぷり蓄えられる。金ピカの小さな蛇口をひねると水がほとばしり出る。瀟洒ですてき、おいしく感じるおもてなし。

スイーツの定番2種類。
あんこをコッペパンで挟んだ「あんコッペ」。
トーストブレッドの上にあんこをのせた「あんトースト」。
最近、パンケーキも作るようになったみたいだけど、やっぱりコッペかトーストがここの名物。
あんトーストに今日はする。
あんこは2種類。なめらかに炊き上げられたこしあんに、和栗を使った季節のくりあん。空気をたっぷり含んで仕上がるブリオッシュ系の小さな食パン。集めに切ってこんがりトーストしたとこに、塗りつけバターと一緒にやってくるのがステキ。
お供の飲み物はカフェオレにあんこをまぜた「あんペーストカフェオレ」。蓋を開けるとコーヒーの香りに混じってあんこの香りもやってくる。

さてこのあんこ。とてもなめらか。正式にはあんペーストと名前がついてて。とろけるような味わい、食感。普通のあんこに比べて甘み。塩味が弱めでその分、豆の風味を強く感じる。
塩気が足りないところを、サイドに添えられたバターで補う。乳の風味に味わいにコク。塩気があんこの甘みをひきたて俄然おいしくなっていく。パンそのものにも軽い塩気がついていて、あんこだけをなめたときより数段おいしくなるのもスゴイ。
和栗のあんこは栗そのもので、軽い渋みも栗らしい。
それぞれ一口ずつ食べて、残りをパカンと重ね合わせてサンドイッチ状にする。パクリと食べるとそのおいしさのすばらしきコト。モンブランより栗らしく、スッキリとした甘みに味わい、いくらだって食べられそうな危険なおいしさ。
木べらでカップの底を何度も混ぜ合わせ、あんペーストを溶かして味わうカフェオレのやさしい甘さと軽い粉毛がまた独特で、ホッと一息。秋模様。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

 

ところで今日はスタバでステキな体験をした。
新宿三丁目のオキニイリのスターバックス。ショートサイズのアイスソイラテにエスプレッソを追加して、シロップで風味をつけようと「今日はどんなシロップがあるの?」って聞く。
アーモンドトフィー?
バニラ?って聞いてたら、ヘーゼルナッツがございます…、と。
それ好きなんだ、それにする…、って軽く答えたら、ボクも好きなんですよとレジのスタッフが笑顔で答える。お金を払って商品を受け取りにいったら商品を作ってくれたスタッフが「ヘーゼルナッツの香りってステキですよね」ってまた笑顔。
「作ってるワタシまでもがシアワセな気持ちになりました…、ありがとうございます」って言われてボクもシアワセになる。
こういう一言がサラリと言えて、しかもそれが気恥ずかしくない場所=スターバックスって思うとスゴイことだなぁって感心しました。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメント

  1. たばきち

    どうしましょう、これ!:
    https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/news/pid-3982/

    スタバは子供用のカップに、いつも手描きのイラストをつけてあって、いつ気づいても違う絵なのが素敵だなあ、と思います。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      たばきちさん
      「ビクトリあん!」。これはいけません。今すぐ、かけつけたくなっちゃいます(笑)。
      スタバって人間味にあふれるチェーンストアだ…、って感じがしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。