カメラを止めるな!

映画を観ます。「カメラを止めるな」っていう日本の映画。
異色の作品です。
何映画として分類すればいいんだろう…、って考えるもなかなか居心地のいい場所が見つからない。

映画の構造がまず変わっていて、二部構成。
前半はゾンビ映画です。
全然怖くない映像学校の生徒が作った卒業フィルムみたいな素人感満載なグズグズの映画。見どころがあるとするならば37分のその映像が、ワンカットの長回しで取られているということくらい。

取り直しのきかないワンカット映画。
それを演じる俳優たちは素人同然の演技で、しかもところどころ演技がとまったり訳のわからないセリフや演技をしたりと、映画の内容そのものよりもへんてこりんな演出にハラハラさせられる。
で、映画の後半で、そのへんてこりんな部分の種明かしがされるのだけど、このくだりがすごくよく出来ている。
あぁ、なるほどっていろんなことが腑に落ちる。
しかもこれが笑えるんですネ…、シリアスな演技に見えていたことの理由が馬鹿げたことだったり、意味ありげに思えた謎めいたシーンがただのおとぼけだったりしたりと、もうたまらない。
劇場全体が徐々に笑いに包まれて、中には声を出して突っ込みを入れたりする人まで出てくる。日本の映画館で、これほど観ている人たちがのびのびくつろぎ、感情を声に出すことって珍しい。しかも最後にしっかり泣かせてくれたりします…、いい映画。

もともとほぼ単館でスタートした作品でした。
観た人たちのSNSを中心に、人気が拡散して結果、今月に入ってから100を越える映画館で上映されることになった。今日の劇場も席数の多いかなり大きな箱で、にもかかわらず終日完売。
テレビ局との連動モノなんかじゃない。出演者の知名度や人気にたよった映画でもない。映画が好きで、映画を観る人をたのしませることが好きな人の情熱が作った映画。こんな映画ができる日本ってまだまだ捨てたもんじゃないなと思うと同時に、こんな映画にチャンスが回ってくる環境もステキだなぁって思って笑った。チャンスがあったらぜひ観て笑って、泣いてください。オキニイリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。