〆たての鯵、釜で炊く飯、もぎたての金柑に新年会…

低気圧の雲の中をヒュインヒュインとあえぐように飛び熊本空港に到着。
車で一路、南に向かって2時間ちょっと。
えびのという高原の町について昼ご飯。内陸の町。つまり海のない地域にあって大きないけすで活きた魚を活け締めでたのしむことができる「十兵衛」という店にくる。
内陸とは言え車で一時間ほども走ると九州南部の海にアクセスできるという、見方を変えればいろんな海の魚を集めるに適した場所。今日はアジがおいしいという。一尾刺し身につくってもらう。
目がキラキラとうつくしく、氷の上に置かれた刺し身を口に含むとほんのちょっとだけあたたかい。ついさっきまで活きてた魚…、という証拠。ゴリゴリブリブリ、歯ごたえたくましく九州独特の甘い醤油がその食感に負けぬ味わいくわえておいしい。ウットリです。

釜飯にヒレカツという定食をもらう。
本来、味噌汁がつくところそれをうどんに代えてもらってひと揃え。
ここの釜飯は正真正銘、注文してから炊き上げ仕上げたもの。
店で売られる釜飯には「釜(に入った)飯」と「釜(で炊いた)飯」の2種類がある。
提供時間を気にする店は、あらかじめ炊いたご飯を釜に詰め温め直すだけの窯に入った飯を釜飯と称してだすけど、米から炊き上げる釜飯とはやっぱり違う。
ここのは釜で炊いた釜飯。蒸らし終わった直後のご飯はみずみずしくてしゃもじをすべるように茶碗の中になだれこむ。出汁の風味がひときわ強くお米の粒のひとつひとつを舌が感じるような味わい。それが徐々に水気が抜けて、ふっくらとしたご飯になっていくのがなんとも味わい深い。

提供時間は多分20分ちょっとかかったんだと思う。でもそれもアジの刺し身を食べてるうちにあっという間に出来上がった…、って感じでござった。食べ終わったアジの骨はバリッと揚げられせんべい状になって食卓に戻ってくる。バリバリ食感たのしくて、油の香りが香ばしい。噛みしめると魚の旨味が口に広がり、おいしい釜飯のよき相棒。
サクッと揚がったヒレカツも、ふっくらさっぱり、おゴチソウ。
もともとうどん屋さんからスタートした店。うどんのおいしさはお墨付き。やわらかでなめらかなうどんに昆布の甘みがどっしりとした汁がからんでお腹がやんわり、あったまる。もぎたての金柑食べて、すっかり気持ちも癒やされた。

 

関連ランキング:うどん | 京町温泉駅

 

山を越え、人吉という町に移動して新年会。
サンループという地元で人気のお店にて。
もともとファミリーレストランとして誕生した店。
出来た当初は地元の人たちから熱烈に受け入れられたのだけど、ファミリーの本流が「子供連れの家族」から「大人同士の家族」へと変わったことから徐々に人の気持ちが離れていった。
それで10年ほど前に和食が中心の気軽なレストランに生まれ変わって、今に至る…、という歴史。
今では宴会なんかにも対応できるようになって人気に拍車がかかってる。
時代に合わせて店は変わって当然のこと。
ただ、変わるということには勇気が必要。勇気と努力に頭が下がる。

ローストビーフのサラダから宴会スタート。
地元のお酒、米焼酎の銀白使ったハイボールで乾杯をしてもりもり食べる。
釜飯の釜に串カツがまるでアイスキャンディーみたいに突っ込まれ、さきいかの天ぷらや枝豆、ローストチキンが盛り合わされたお子様ランチみたいな前菜。たのしくていい。
スモークサーモンや鯛を使ったカルパッチョ仕立ての刺し身が続いて鍋に火がつく。餃子や油揚げ、葱に白菜、ニンジン、鶏肉とちゃんこ仕立ての寄せ鍋で炊いてるうちに鍋の中が渾然一体、カオスとなってく。自家製のからすみがやってくる頃には宴会場もカオスな感じですっかり写真を撮るのも忘れた。日付が変わってホテルに入り、バタンキューでござんした。

 

関連ランキング:レストラン(その他) | 人吉温泉駅人吉駅相良藩願成寺駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。